中華料理資格人気ランキング

中華料理

SHARE

中華料理資格人気ランキング

中華料理には、独特のマナーも存在し、来客には食べきれない事を示すために、「満足した」という意味で、食べかけを残すのがマナーと言われています。原則、中国のもてなしとは、出来る限り最大限の料理を提供し、お腹いっぱいになって帰ってもらうことです。中華料理ソムリエは、中国の伝承から来る古い時代からの調理や、近代の中華料理、点心や飲茶までも網羅した、中華料理のスペシャリストです。

1位:中華料理ソムリエ

中華料理、フランス料理、トルコ料などの世界3大料理の中で、ヨーロッパ全土を飲み込む程の広大な地域性を持つのが中華料理です。気候や風土が国内ではかなり変化に富み、全部で約8種類の代表的な料理があります。油を使った調理は「チャオ(炒)」と呼ばれ、油の量を抑えた、一般的な中華炒めを呼称する調理法です。

焼き加減に5つの段階があり、煮物は7つ、切り方から、素材の漬け込みまでが、一定の決まりによって統一されています。食材の宝庫は広東料理で、中華は一つの青菜の炒め物でも、100種類を超えるメニューが有ることでも知られます。伝統料理と言うよりは、西欧の調理やインドネシア、マレーシアの調味料も取り入れ中華料理一つで、多彩でグローバルなアジアン料理という、近代的な料理としても、世界で普及しています。

中華料理で言われる、「強火が決め手」と言われる由来は、陶磁器の制作に必要だった練炭を北宋の時代に活用した名残で、中華料理は原則、釜戸で調理されるのが本場では一般的です。

2位:中華料理調理インストラクター

中華料理は、師匠と弟子という1対1の関係ではなく、厨房でのチームワークで技術を一丸となって素早く短時間に調理を終えることが求められます。中華のコース料理は、前菜の次にスープ料理、メイン料理にその他の料理が次々加わる、非常に多種類であるのが特徴です。

また、調理ごとに鍋を用意せず、中華鍋一つで煮物から炒め物、揚げ物などを調理します。素材を油でコーティングし、水分を閉じ込めて素早く火力で仕上げるため、青菜は鮮やかで、炒め物には艶と輝きが無ければ一流ではありません。また中華料理の中で、最も技術が高いのは、素材を焼いて仕上げる職人です。

日本では定着した肉料理も、原型は中華料理であることも多く、焼き餃子は水餃子の残り物を油で焼いたものだと言われています。中国人独特の華僑と呼ばれるネットワークにより、世界に散った同国同民族のための地元料理を提供することから、世界各地には中華料理の商店街があります。中華料理調理インストラクターは、こうした中華料理の食材、調味料、調理法、その料理の地域性を周知した、中華料理の普及と紹介に、非常に役に立つ資格です。

3位:IPA中華料理技師資格試験

近年、ますます高まる中国の近代化により、世界各国の中華料理を扱う飲食関連企業間の業界と現代の中華料理人との関係は、ビジネスパートナーとして存立しています。また日本におけるオリジナルな中華料理は、本場、中国を凌駕する新しい調理法や料理バリエーションを高めているのも事実です。日本における中華調理師の入国審査基準は、古い日中友好条約以来、あまり変化がなく、中国の関連政府機関の職業技術評価にとらわれ、アジア全体からすれば、まだまだ遅れを取っています。

本場中国から来日にし、日式中華と呼ばれる日本式の中華料理の方法も中国人調理師には馴染みがないのが現実です。日本国内各地の料理専門学校は就学期間が短いため、一般的な料理手順しか学べず、それが本場中華料理の普及の足かせになっています。中華飲食企業の経営を目的とし、日本における中華調理師の就業基準の策定に設立されたのが、IPA中華料理技師資格試験です。

中華調理師の企業管理能力の養成、外部審査の監督システムを確立し、即戦力となりうる、アジアのグローバルな活躍の出来る中華料理人を育成する目的でこの試験は行われます。日本の中華飲食企業の人材採用ニーズに合った中華料理技師の資格試験とも言える、最も重要な資格試験でしょう。
中華料理資格 中華料理資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です