不動産取引のスペシャリスト!宅地建物取引士について

shikakusyutoku

SHARE

不動産取引のスペシャリスト!宅地建物取引士について

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、宅地や建物の売買において、仲介などの不動産取引を行うことができる資格です。不動産関係の職業に就く場合には取得する必要があります。

宅地建物取引士の 難易度・就職・仕事の内容・年収など

宅地建物取引士の試験の難易度は、合格率が約15%と低く、資格試験の中でも難しい試験とされています。

宅地建物取引士の資格を活かして就職をする場合、ほとんどが建築関係、もしくは不動産関係の企業への就職になります。そういった会社での仕事内容は、宅地や建物の売買や賃貸の契約を締結する際に、重要事項説明書の内容の説明や、重要事項説明書や契約書などの書類への記名や捺印といったものです。一見誰にでも出来そうですが、これらの業務は宅地建物取引士の資格を持っていなければ行うことができません。

宅地建物取引士の年収は、一般的な企業に務めると300万円から400万円ほどです。しかし、勤続年数や景気、独立などによって大幅に変わります。

宅地建物取引士の 受験資格・試験内容・合格基準など

宅地建物取引士の資格試験に受験資格は設けられていません。高齢者でも取得したという例があるほどです。

試験内容は土地や建物の種類について問われる問題や、不動産取引に関する法律の問題、宅地や建物の税についての問題など、不動産に関する幅広い内容が問われることになります。全てマークシート方式ですが、問題の表記の仕方が複雑であり、専門用語なども多く含まれているので、しっかりと学習をする必要があります。問題数は全部で50問。合格規準は、50問中32問の正答率で合格となります。しかし、合格規準の正答率は、その年により多少前後することがあります。

宅地建物取引士 通信講座ランキング

1位 キャリアカレッジジャパン 宅建90日合格指導講座

キャリアカレッジジャパンの宅建90日合格指導講座は、約3か月でこなせます。テキストは試験科目ごとに分けられているため、集中して学習に取り組むことができます。また過去問題集や添削問題集も含まれています。独学ではなく採点をしてアドバイスなどがもらえるというのは、非常に励みになります。

2位 通信教育のフォーサイト 宅建合格講座

通信教育のフォーサイトの宅建合格講座は、試験科目ごとに分けられたテキストはもちろん、統計資料や法改正資料など、学習の役に立つ教材が盛りだくさんです。そして通信教育のフォーサイトでは豊富なDVDで講義を受けるように学習できます。講義用のDVDが9枚、過去問の講義のDVDが7枚と非常に内容が濃くなっています。

3位 ユーキャン 宅建士講座

ユーキャンの宅建士講座は、試験に出る箇所をしっかりと絞り込んだ内容で作られた学習テキストで、短期間で合格を目指すことができます。またよく出る、過去問の問題を激選した過去問集も教材になっています。そしてユーキャンでは、疑問に感じた事を、メールなどで質問することができます。分からないことをすぐに解決できるので、学習内容がしっかり身につきます。

4位 日建学院 宅建webコース

日建学院の宅建webコースは、web動画での学習ができる講座です。いつでもどこからでも学習ができ、自分のペースに合わせて学ぶことができます。動画のボリュームは7000分以上と非常に豊富です。

5位 日本マンパワー 宅地建物取引士試験合格コース

日本マンパワーの宅地建物取引士試験合格コースは、試験合格に必要な知識をしっかりと学ぶことができる講座です。初心者でも無理なく学習ができる内容になっており、安心して受講できます。

まとめ

宅地建物取引士は非常に難しい試験ではありますが取得すれば、不動産取引においての重要な仕事など、かなりやりがいのある仕事をすることができると思います。また建築業界への転職等を考えている人も、転職前に資格取得しておくことがおすすめです。宅地建物取引士を取得した状態であれば、転職にとても有利になります。

さらに、自分自身の宅地などの売却を考えている人も取得する場合があります。やはり宅地の売買などは慣れない事なので、不安に感じると思います。そのような時に少しでも知識が付いていれば、安心できるからです。

受験に制限はないので、現在は必要ない場合でも、興味を持ったら学習してみて、資格取得することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です