三大国家試験の一つ!不動産鑑定士について

shikakusyutoku

SHARE

三大国家試験の一つ!不動産鑑定士について

不動産鑑定士

不動産鑑定士は固定資産税などによる不動産の評価を行う職業です。三大国家試験の一つでもあり、非常に幅広く利用できる資格です。

不動産鑑定士 難易度・就職・仕事の内容・年収など

不動産鑑定士の資格試験は、合格率こそマークシート式試験が30%ほど、論文試験が15%ほどと比較的高くなっていますが、難易度としては高く、難しい試験になっています。

不動産鑑定士を取得しての就職は、不動産会社や建築会社などはもちろんですが、銀行などの金融機関に就職する場合もあります。ですが、最も主なものは不動産鑑定事務所への就職です。

不動産鑑定事務所へ就職した場合の仕事内容は、固定資産税や相続税、地価といった面からの不動産の評価や、不動産が売買される際の価格が適正かの評価などを行います。

その場合の年収は平均すると700万円ほどのようです。

不動産鑑定士 受験資格・試験内容・合格基準など

不動産鑑定士の資格試験には、受験資格は設けられていません。そのため内容は難しいですが、誰でも受験することが可能です。

試験はマークシート式の試験と、論文試験に分かれています。

マークシート式試験の試験内容は、土地基本法や都市緑地法といった不動産に関する法律と、不動産の鑑定に関する理論を問われます。

論文試験の試験内容は、建物の所有などに関する民法や経済学、会計学、不動産の鑑定に関する理論など、幅広く出題されます。

合格基準は、マークシート式の試験は、約70%以上の得点で合格。論文試験は約60%以上の得点で合格となります。

不動産鑑定士 通信講座ランキング

1位 資格の学校TAC 不動産鑑定士 1年本科生(Web+DL通信)

資格の学校TACの不動産鑑定士 1年本科生(Web+DL通信)は、1年間で不動産鑑定士の資格取得を目指す講座です。毎日規則的に学習をしたい人におすすめです。

2位 資格の学校TAC 不動産鑑定士 1年本科生(DVD+DL通信)

資格の学校TACの不動産鑑定士 1年本科生(DVD+DL通信)は、1年でマークシート式の試験と論文試験の両方をマスターできる講座です。豊富な種類のテキストで、効果的に知識を身につけることができます。

3位 資格の学校TAC 不動産鑑定士 1.5年L本科生(Web)

資格の学校TACの不動産鑑定士 1.5年L本科生(Web)は、いつでも好きな時に講義を受けることができます。自分のペースに合わせて学習することができ、復習時間を多く取れるカリキュラムになっているため、効率的に学習できます。

4位 資格の学校TAC 不動産鑑定士 1.5年L本科生(DVD通信講座)

資格の学校TACの不動産鑑定士 1.5年L本科生(DVD通信講座)は、ゆとりのあるカリキュラムで、初心者でも諦めずに挑戦できる講座です。DVDによる映像の講義は、専門的な内容も理解しやすくなっています。

まとめ

不動産鑑定士は三大国家資格の一つにもなっており、非常に試験内容は難しく、難易度が高くなっています。そのため、資格取得までにはかなり苦労するかと思います。

ですが、不動産鑑定士の仕事は、不動産の評価を行っていくものですので、やりがいを感じることができると思いますし、仕事内容を理解し、こなせるようになれば楽しさも感じることができる職業なのではないかと思います。

不動産鑑定士を目指す人はもちろんですが、建築会社や不動産会社への就職を考えている人にとっても非常に有効な資格であり、一見不動産と関係のなさそうな銀行への就職にも役立つ資格です。そのため、難易度は高く苦労しますが、取得を目指してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です