レターライティングマスター口コミ評判

手紙の書き方

SHARE

レターライティングマスター口コミ評判

最近では手紙を書く場面なんてものはすっかり減ってしまいましたが、電子手紙という形でメールで
毎日のように手紙を送るようになり、昔よりもずっと身近な存在になったのではないでしょうか。
現在ではビジネスでメールを送って連絡や挨拶をすることが一般化していますので、こういった
メールでのマナーは社会で生活していくうえで必須のスキルとなっています。

ですが、マナーや書き方に対してしっかりとした知識を持っている人はどれだけいるでしょうか?
会社の研修で教わった程度なら多くの人が持ち合わせている知識ですが、なんとなくで処理していた
りしませんか?多分どんな人にもそんな経験があるのではないかと思います。

こういった知識をしっかりと持つことは取引先との関係維持に大事なのは勿論、関係の向上ややり
取りする相手への心象が良くなる効果も見込まれます。

今回はレターライティングマスターの口コミや評判、手紙に関するお話しです。

伝えるという事

相手に言葉を伝える方法の一つとして広く認知されている手紙ですが、実際に声に出して伝えた
場合と比べると大分印象が違ってくる方法でもありますね。
こういった記事も一種の手紙とも言えますので、伝わりやすい言葉や相手の受け取り方を考えて
記述していく事が大事な要素の一つと言えます。

親しい仲でのやり取りでも、語尾一つ違えば印象がガラっと変わってしまいます。
ビジネスの世界での話ならそういった印象一つが重要なファクターになり得てしまうのも事実です。
言い間違えや表現を間違えただけで相手からの評価は下がり、逆に正しい文体でのやり取りなら
ば正しい知識を持った人なんだなと評価が上がる事もあり、言葉の影響力は計り知れません。

さて、ではよくあるメールのマナーを幾つか紹介してみたいと思います。

・頭の挨拶
「お世話になっております」等の簡単な一文を添えるだけで印象は変わります。
いきなり本題から入られるよりも、簡素でも挨拶を噛ませる事で日常の会話のようにスムーズに
本題へ入ることができる点は一緒ですね。

・謝罪と感謝
メールや電話等の相手の顔が見えないやり取りにおいて最も言われる事が多いのは、
「感謝は1回で伝わり、謝罪は3回しないと相手に伝わらない」という事です。
これは厄介で、印象として謝罪の念を強く残す事が大事な要素になります。
”この度は誠に申し訳ございませんでした”だけでは印象が弱く、読み飛ばされる可能性もあります。
”この度は○○により××様に多大なるご迷惑をおかけしてしまい・・・”等相手の名前を入れつつ、
原因や対策を織り交ぜて一文にする事で、読み飛ばしを防ぎながら強い印象を残せます。

レターライティングマスター認定試験概要

主催団体:日本デザインプランナー協会
受験資格:特になし
受験費用:10,000円(消費税込み)
受験申請:インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

さて、レターと言っても単なる手書きの手紙だけに留まらず、日常で使うメールにも当てはまる事は
理解していただけたかなと思います。こういった知識は自分で扱うのは勿論、教える立場になった
時に非常に役立つものとなっていますので、元々そういった知識を有している方にもオススメできる
資格の一つとなっています。
主催団体の日本デザインプランナー協会ではこの他にも役立つ資格を各種執り行っているため、
興味のわいた方は是非一度調べてみてください。
手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です