レジン資格人気ランキング

レジンアクセサリー

女性に大人気のレジンクラフト。レジンを枠に流し込んでその中にドライフラワーやイラストを封入して乾燥させ、ペンダントやピアスなどのアクセサリーを製作できます。

レジンは紫外線照射器を使用すれば僅か数分で完成する手軽さや、誰でも簡単にオリジナルアクセサリーができるということで、年代を問わずに人気があります。また現在ではインターネットやブログで、オリジナルアクセサリーを販売して収入を得ているという人も多く、副収入としてレジンアクセサリーを製作しているという人も多いのです。

レジンは材料があれば誰でも簡単にアクセサリーやバッグチャームなどを作成する事ができます。材料はインターネットでたくさん販売されていますし、手芸用品店でも広く場所を取って販売がされています。

しかし本格的にレジンを勉強したい、という人には通信教育での学習がお勧めです。通信教育の場合ですと、材料費込みでの価格とされていることが多いですし、届いたその日からレジンを始めてオリジナル作品を作ることも可能です。

また資格を取得できる講座もありますので、自分の作品のアピールポイントとしても資格を取得すると、他の作品との差別化も図ることができます。

今回はレジン関係で人気のある資格ランキングを紹介します。

1位 レジンアートデザイナー

主催団体:日本デザインプランナー協会

レジン資格のレジンアートデザイナー認定試験

自分の思い通りのレジン作品が作れるようになったら、ぜひ周囲の人にプレゼントしたり、いずれは作品でお金をもらえたら…といった願望を持つ人も多いでしょう。そういったときに基礎から学習をして、資格を取得しているということはプラスに働くことばかりです。

日本デザインプランナー協会が認定する資格では、レジンの基本やキーホルダー、ネックレス、ピアスなどのアクセサリー製作を試験として問われます。

2位 レジンアクセサリークリエイター

主催団体:日本インストラクター協会

https://www.jpinstructor.org/shikaku/resin/

レジン作品が売れるか否かの境目は「いかに細部まで手を抜かずに美しく仕上げることができるか」にかかっています。そういったコツを知るためにも、通信教育で学習をすると独学では気づかなかった方法をマスターすることなり、完成度の高い作品にもなります。

レジンアクセサリークリエイターの資格は、レジンの基本はもとより、仕上げの技術や知識が一定の水準に達しているということを証明する資格として有名です。

3位 ハンドメイド・クリエイター

主催団体:日本創芸学院

こちらの資格はレジンに限らず、レザークラフトや編み物など、様々な種類の雑貨づくりを学ぶ「雑貨ハンドメイド講座」を修了したあかつきに取得できる資格です。

作品販売や教室での講師活動など、プロとして活躍できる資格として注目を集めている資格です。販売のためのノウハウも学習のカリキュラムに組み込まれていますので、手作り雑貨のプロを目指す人にお勧めしたい資格です。

4位 LEDレジンアクセサリー認定講師

主催団体:日本パーツビューティーアカデミー

自分の好きなことでお金を頂けるなんて、素敵ですよね。独学で研究するのも楽しいですが、どうせなら初めからプロの指導の下勉強をした方が、変なクセがつかずに効率よく美しい作品が作れます。

「LEDレジンアクセサリー認定講師」の資格も、通信教育での学習修了時に課題を提出することで資格が取得できる講座です。

5位 クラフトアドバイザー

主催団体:日本デコラージュ協会

こちらは4日間の集中講座で合計20時間の学習をして、資格を取得することができます。学習するジャンルはレジンだけではなく、スタンプ作りやコラージュ、ペイントなど手作り雑貨を広く学習することができるので、色々なことに挑戦してみたいという人にお勧め。

まとめ

レジンに関する資格人気ランキングを紹介しました。大人気のレジンで素敵な作品を制作して、お小遣い稼ぎをしましょう!
レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です