リフレクソロジー・つぼ資格人気ランキング

SHARE

リフレクソロジー・つぼ資格人気ランキング

女性に限らず、疲れた時やリラックスをしたいなと思った時に“リフレクソロジー”や“つぼ”を刺激するようなマッサージをするサロンに行かれる方多いのではないでしょうか。街でもいたるところで、おしゃれリフレクソロジーサロンなどがたくさんありますyよね。

でも施術を受けられた方の中には、「その時はよかったけど家に帰ってから痛みを感じことがある」あるいは、「あまり効いている感覚がなかったので自分には合ってなかったのかもしれない」など、うまく利用ができなかったという経験がある方、意外と多いのではないですか。

それから、ご家族の方が筋肉痛などの身体の疲労に悩まされている時やお仕事のストレスから肩こりなどに苦しんでいる時、ご自分の手で癒やして、ほぐしてあげることができればなぁと悔しく思われた方も多いのではないでしょうか。

そんな気持ちを解消してくれる資格が、実はあるんです。それが“リフレクソロジー・つぼ資格”。サロンでプロから施術を受けるというイメージがどうしてもあるかと思いますので、どんな資格なのかを1位~3位のランキング形式で、わかりやすく紹介していきますね。

1位 美容つぼマイスター

「美容に関する悩みに対して、つぼを取り入れ、実践することができる方へ認定される」資格のこと。つぼは、アジアでよく見かける足つぼマッサージだけではなく、身体中にあるもの。その中でも足つぼ、手つぼ、耳つぼなど一般的なつぼの種類やつぼの見つけ方、つぼの押し方などつぼの基礎知識をまず理解できている必要があります。

美容に関する悩みは人それぞれ多種多様なのですが、肌荒れやダイエット、デトックス、不眠など本当に様々な症状につぼが効果的であることがわかっているのです。

受験資格はないので、だれにでも挑戦が可能。また、在宅で試験を受けることができるので、講座を聞きに行ったり試験会場へ行ったりと行った時間の確保をするのがむずかしい方でも、ご自身でやりくりして、勉強をして試験に臨むことができるのがいいですね。費用も10,000円と気軽に受けることができるのも安心。

もちろんマッサージサロンなどでのお仕事にも生かしていただけます。

2位 健康つぼ押しインストラクター

「反射区を使ったつぼ押し、足・手・耳の反射区の位置を正確に覚え、足・手・耳どの部分が体のどこに対応しているのかなど反射区を常に意識したつぼ押しを行い、つぼ押しの知識を十分に身に付けた方へ認定される」資格のこと。

「反射区」という言葉はあまり馴染みがないかと思いますが、各器官や内臓につながるといわれる末梢神経(まっしょうしんけい)の集中個所をさし、代表的なものには足を強めに刺激することで人気の「台湾式リフレクソロジー(足裏・足つぼマッサージ)」が。いわゆるつぼとは少し違い、足裏だけで全身への効果を及ぼすことが可能です。英国式や台湾式、タイ式、ドイツ式があるので、それぞれの特長を学び、体調や健康状態に合わせたつぼ押しができます。

肩こりやむくみなどの不調の改善はもちろんのこと、自分自身やご家族へリラックス効果をもたらすこともでき、講師としての活躍も。こちらも10,000円で受験ができるので、どなたも挑戦できますね。

3位   リフレクソロジスト

認定カリキュラムと教材で学べるので、プロのリフレクソロジストを目指すことが出来るので、サロンを開業したい方や新メニューの作成に悩むオーナーの方、これから就職・転職をお考えの方におすすめです。

「リフレクに関する基礎知識、反射区、フットの施術、さらにハンドの施術までの習得ができる」資格なのでお客様のご要望や施術の幅をより広げることが出来るのです。習得したリフレクソロジーは、サロンだけでなく、医療の緩和ケアの一つとして施術をおこなったり、高齢者施設で癒しのマッサージとしても生かすことが可能。

費用はネット申し込みで57,000円からと少し高めではありますが、最長700日間わからないことがあれば講師への相談ができるので、ひとりで学ぶのが不安な人には安心の制度も。

4位 リフレクソロジープロライセンス実技士

「信頼のおける高い技能と知識を備えたリフレクソロジストの育成」を目的とした資格。

年間4回(1月・4月・7月・10月)実施され、受験会場は東京・大阪・札幌の主要都市で開催。ただし、資格保持者が常にプロとしてのレベルを維持し、高い知識と技術をもった技術者であることを証明するため、3年毎の更新制となっているので、常に学び続ける必要があるので、お仕事として利用されている方向き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です