ヨーグルト食品アドバイザー口コミ評判

ヨーグルト

SHARE

ヨーグルト食品アドバイザー口コミ評判

発酵食品が注目される中、ヨーグルトにも再び注目が集まっています。

ただ、ヨーグルトに関する正しい知識を持っている人は少なく、ヨーグルトと言えば朝ごはんに添える1品というイメージではないでしょうか?

しかし、目的によっては朝ではなく夜にヨーグルトを食べた方が良いこともあるのです。

例えば、ダイエットが目的でヨーグルトを摂取する場合の時間帯は夜が良いそうです。

夕食の時間帯にヨーグルトを食べることで、眠っている間に乳酸菌などの善玉菌が働いて腸が活性化し、腸内環境を整えたり、老廃物の排泄や有害物質を減らしたり、太りにくい体質作りに役立つと言われています。

このような知識も持たずにヨーグルトを食べてもなかなか思うような効果を出すことは難しいと思います。

そこで、このようなヨーグルトの知識が必要な人にどのようなヨーグルトをどのような時間帯にどのようにして摂取したら良いかなどのヨーグルトの総合的な知識を伝える人が必要になるのです。

そのようなヨーグルトの知識を有している人に認定されるのが、日本環境生活支援協会のヨーグルト食品アドバイザーです。

この記事では、ヨーグルト食品アドバイザーの試験の受験方法などについてご説明していきたいと思います。

ヨーグルトは簡単に手作りすることができることは知っていますか?

ヨーグルトは一般的にはスーパーなどで購入する人が多いと思いますが、実は簡単に手作りすることができます。

ヨーグルトを発酵させる菌の入手が難しそうと思った方、大丈夫です。菌を特別に入手しなくても、スーパーで買ったヨーグルトを少し加えて作るだけで同じ菌株のヨーグルトができてしまうのです。

作り方

材料
プレーンタイプのヨーグルト 100g
成分無調整の牛乳       1リットル

1 材料を全て混ぜる
2 冬はタオルで包んで24−26度くらいの暖かい場所におく
夏はそのままおく

3 1−2日で菌が増えてヨーグルトになります。

簡単ですよね?確実に温度を保持したい方はヨーグルトメーカー(温度を一定に保ってくれる容器)を使うとさらに確実に作ることができます。

ヨーグルトも例えばカスピ海ヨーグルトなどは値段が高いので、自分で増やしていった方が、コスパが断然良いです。

こういうお得なことやみんなが知らないことを伝えていくヨーグルト食品アドバイザーは奥が深いです。

ヨーグルト食品アドバイザーの資格受験方法

ヨーグルト食品アドバイザー認定試験概要

受験資格 特になし
受験料    10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
受験日程   2ヶ月ごとに年に6回実施予定

受験方法ですが、問題用紙と解答用紙が自宅に送られてきて、それを好きなタイミングで自宅で受験することができ、受験後は同封されている返信用封筒に解答用紙を入れ返送するだけです。

日中に時間がない方や試験のスケジュールの確定が難しい方でも、ご自分の都合の良い日時で受験することができるため、気軽に挑戦できるシステムです。

ヨーグルト食品アドバイザーの資格をとるメリットは?

ヨーグルト食品アドバイザーの資格を取得することで、下記のような道が開ける可能性があります。

ー 自宅でヨーグルトを使った健康料理の料理教室を開く
ー ヨーグルトの作り方や効能などを伝える講演会で講師として活躍する
ー ヨーグルト専門店を開く
ー ヨーグルトを使ったスイーツをだすカフェを開く
ー ヨーグルトの製造メーカーに就職を希望する方は、ヨーグルト食品アドバイザーの資格を取得していることを履歴書に記載し、就職試験を有利に進めることができる
ー食料品の販売員をしている方はスキルアップになり、会社にも努力をアピールできる

まとめ

ヨーグルト食品アドバイザーについてご紹介してきましたがいかがでしたか?

ヨーグルトのことを深く知ることは、仕事や就職のためだけでなく、自分や家族の健康の役にもたつことなので、勉強をして損はありません。

これを機会にヨーグルト食品アドバイザーの資格試験に挑戦してみませんか?
ヨーグルトヨーグルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です