マンション管理を行うには必要不可欠!管理業務主任者について

shikakusyutoku

SHARE

マンション管理を行うには必要不可欠!管理業務主任者について

管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理を行う事業所に必ず一人以上配置する必要がある資格です。近年マンションが増え、管理業務の必要性も増えてきました。そのため、重要性が増している資格であると言えます。

管理業務主任者 難易度・就職・仕事の内容・年収など

管理業務主任者の資格試験は、合格率は20%ほどで、同様の資格であるマンション管理士と比較すると少し難易度は下がります。しかし、専門性の高い資格ではあるため、難しい試験であることが現実です。

管理業務主任者の資格を取得しての就職は、不動産会社が主です。特にマンション管理を行う不動産会社では優遇されるのではないでしょうか。また、宅地建物取引士やマンション管理士といった資格を併せて持っておくことで、更に就職に有利になります。

不動産会社に就職した場合の仕事内容は、管理組合の運営といったマンション管理に対する助言を行ったり、管理の手助けを行ったりします。

また、その場合の年収は、平均すると約400万円ほどになります。

管理業務主任者 受験資格・試験内容・合格基準など

管理業務主任者の資格試験には受験資格は設けられていないため、誰でも受験可能です。しかし、管理業務主任者として働くには登録が必要になります。この登録には、試験合格後マンション管理事務経験2年以上か、国土交通大臣指定の実務講習修了した場合のみになります。

試験内容は、管理事務の委託契約や管理組合の会計、出納、建物の維持、修繕に関することなどで、マンション管理に必要な知識が幅広く問われることになります。

合格基準は、50問中35問以上の得点で合格となります。

管理業務主任者 通信講座ランキング

1位 資格の学校TAC 【マンション管理士/管理業務主任者】総合本科生S [通信]

資格の学校TACの【マンション管理士/管理業務主任者】総合本科生S [通信]は、基礎から応用までしっかりと学ぶことができる講座です。過去問からしっかりと実践力を身につけることができます。

2位 ユーキャン 【マンション管理士・主任者】

ユーキャンの【マンション管理士・主任者】は、マンション管理士と業務管理主任者という二つの国家資格の取得を目指すことができます。併せて持っておくと非常に有効な二つの資格を同時に学習することができます。

3位 日建学院 [管理業務主任者]本科コース

日建学院の[管理業務主任者]本科コースは、しっかりと段階を踏んだカリキュラムでの学習が可能な講座です。また、映像による学習もあり、苦手部分をしっかりと解消することができます。

4位 資格の学校TAC 【管理業務主任者】本科生S(Web/DVD通信)

資格の学校TACの【管理業務主任者】本科生S(Web/DVD通信)は、管理業務主任者の資格取得を目指すことができます。好きな時に学習できるため、自分のペースで進めていくことができます。

まとめ

管理業務主任者は、マンション管理を行う事務所には必ず必要になる資格です。また、マンション管理における専門家ともいえ、マンション管理に対する助言といった仕事を行うことができます。そのため非常にやりがいを感じることができる職業、資格なのではないかと思います。

また、不動産会社に就職して活躍していく場合、管理業務主任者だけでなく、マンション管理士や宅地建物取引士といった資格も取っておくと役立ちます。それらの資格を同時に学習できる講座も多くありので、同時取得を目指して勉強をしても良いと思います。また、それらの資格と比べて、管理業務主任者は難易度が少し低いため、まず管理業務主任者を取得して、知識を深めてから他の資格に挑戦するというのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です