マンション管理の専門家!マンション管理士について

shikakusyutoku

SHARE

マンション管理の専門家!マンション管理士について

マンション管理士

マンション管理士は、マンションの管理組合の運営やマンションの構造の問題に対する管理などに助言を与える専門家です。いわばマンションのスペシャリストともいえます。

マンション管理士 難易度・就職・仕事の内容・年収など

マンション管理士の資格試験はマークシート式の試験ですが、合格率は約8%ほどと非常に低く、難易度としては比較的高いです。

マンション管理士を取得しての就職は不動産会社への就職が主です。そこでの仕事内容は、マンション管理に携わり、マンション管理に対するアドバイスなどを行っていくことになります。その場合の年収は平均すると400万円ほどですが、低い場合は300万円ですが、高い場合は800万円と非常に幅広いです。

また、マンション管理士の資格だけでなく、宅地建物取引士なども一緒に取得しておけば、就職や転職にも非常に有利になりますし、年収も高くなる可能性もあります。

マンション管理士 受験資格・試験内容・合格基準など

マンション管理士の資格試験には受験資格は設けられていません。しかし、マンション管理士として働くためには登録が必要になり、設けられた条件に当てはまる場合は登録ができません。

試験内容は、マンション管理に関する法令及び実務に関する内容や、管理組合の運営の円滑化に関する内容、マンションの建物及び附属施設の形質及び構造に関することや、マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関することといった、マンション管理に必要な知識が問われます。

合格基準は、全50問中38問以上の正解で合格となります。

マンション管理士 通信講座ランキング

1位 資格の学校TAC 【マンション管理士/管理業務主任者】総合本科生S

資格の学校TACの【マンション管理士/管理業務主任者】総合本科生Sは、試験合格のための知識をしっかりと身につけることができる講座です。また、マンション管理士だけでなく、管理業務主任者の資格取得も目指すことができます。

2位 資格の学校TAC 【マンション管理士】本科生S

資格の学校TACの【マンション管理士】本科生Sは、マンション管理士の資格取得を目指すことができる講座です。過去問を通して基礎から応用的な問題までしっかりと学ぶことができます。

3位 ユーキャン 【マンション管理士・主任者】

ユーキャンの【マンション管理士・主任者】は、マンション管理士と管理業務主任者を同時に学習できる講座です。難しい専門的な内容もイラストや図で分かりやすく学ぶことができます。

まとめ

マンション管理士はマンションを管理する際にはなくてはならない職業です。そのため、マンション管理士として働くことは、非常にやりがいのある事なのではないかと思います。そして、マンション管理士は資格を取得しておかなければマンション管理士を名乗ることはできません。そういった面から見ても、取得しておけば手に職をつけることにもつながります。

そんなマンション管理士は、不動産会社で働く場合には非常に有効です。しかし、マンション管理士単体より、宅地建物取引士や管理業務主任者といった資格も同時に取得しておくと、さらに就職や転職の際に有利になります。

不動産会社への就職希望の人や転職を考えている人には、取得しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です