ペット繁殖インストラクター口コミ評判

ブリーダー資格

SHARE

ペット繁殖インストラクター口コミ評判

現代の私たちにとって、ペットは家族の一員であり、癒し癒され最高の関係を築くことができるパートナーです。

そのようなペットを繁殖させ、多くの人の元へ届けるのがブリーダーになります。

ペット繁殖インストラクターもブリーダーになることはできますが、ブリーダーに正しい知識を教えるという役割になることもあります。

ペットの繁殖に関してのあらゆる知識を有する人が認定されるのが、日本インストラクター協会が主催しているペット繁殖インストラクターの資格になります。

この記事では、ペット繁殖インストラクター資格の受験方法などについてお伝えしていきます。

ペット繁殖インストラクターになるために必要な知識とは?

ペット繁殖インストラクターになるためには、ペット繁殖に関する幅広い知識が必要になりますが、下記にその一部をご紹介します。

ー 交配の方法(外部委託、人工授精)
ー 犬の妊娠周期について
ー オスメスの飼育割合はどのようにすべきかー 出産可能期間と終生飼育について
ー 取引不成立事由になり得る股関節形成不全・膝蓋骨脱臼について
ー ダックス、チワワ、トイプードル、フレンチブルドッグ、ヨークシャテリアなどの繁殖の注意点
ー ミックス犬繁殖の注意点
ー 大型犬繁殖の注意点
ー 日本犬繁殖の注意点
ー 希少カラーの繁殖とリスクについて
ー 性格のよい子犬を輩出するには
ー 猫ブリーダー業を始めるための準備について
ー 猫に適した飼育方法(完全室内飼育)について
ー 猫の健康管理(混合ワクチン接種)方法について
ー 猫の食事管理(肥満による妊娠へのデメリット)について
ー 猫の交配(近親交配(インブリーディング)、系統繁殖(ラインブリーディング)、異系繁殖(アウトブリーディング)、異種繁殖(ハイブリード))について
ー 劣性遺伝種繁殖の注意点(スコティッシュホールド)
ー 尾の奇形出産から離乳・出荷までの流れ

ペット繁殖インストラクターの受験方法は?

ペット繁殖インストラクター認定試験概要 受験資格 特になし受験料    10,000円(消費税込み)受験申請 インターネットからの申込み受験方法 在宅受験合格基準 70%以上の評価受験日程   2ヶ月ごとに年に6回実施予定 受験方法ですが、問題用紙と解答用紙が自宅に送られてきて、それを好きなタイミングで自宅で受験することができ、受験後は同封されている返信用封筒に解答用紙を入れ返送するだけという気軽さです。日中に時間がない方や試験のスケジュールの確定が難しい方でも、ご自分の都合の良い日時で受験することができるため、多くの方に受験の機会が与えられているとも言えます。
資格試験に合格した後に、資格証明書が必要な方は、下記のウェブサイトから申し込みをすることが可能です。 https://www.jpinstructor.org/goukaku/shikaku/ 合格認定証と合格者カードの2種類があり、費用はそれぞれ5,500円になります。 認定証は代金引換で支払いを行います。クレジットカードやデビットカードも使用できるのでとても便利です。 合格認定証・合格認定カードの発行は、申込みから自宅に届くまでに1ヶ月程度かかるので、就職試験などで合格証の提示が必要な人などは、早めに試験を受験し、早めに合格認定証の申し込みを行うことをオススメします。 また、申し込み時には、縦4cm×横3cm、フチなしの証明写真が必要となりますので、事前に用意しておきましょう。

まとめ

ペット繁殖インストラクターの資格受験の方法や必要な知識についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

どなたかの家族の一員となる大事なペットなので、愛情を持って、正しいやり方で健康に育てたいですよね。

また、自分でペットを飼われている方は、自分の大切なペットが妊娠したときの正しい対処法を身に付けることもできます。

ペット繁殖の正しい知識を広めるためにもこの資格の取得に挑戦してみませんか?
ブリーダーブリーダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です