ペットトリミングアドバイザー認定試験口コミ評判

SHARE

ペットトリミングアドバイザー認定試験口コミ評判

犬や猫などのトリミングをしてくれる『ペットサロン』。近年は店舗数も徐々に増えてきましたね。動物病院の中にはトリミングルームが用意されている所もあるようです。そんな今注目されつつある『ペットトリミング』についての能力を認定する資格として日本生活環境支援協会が主催する『ペットトリミングアドバイザー』の資格があります。今回はこの資格について受験の概要や関連する資格を紹介して行きます。

1.『日本生活環境支援協会』とは?

日本生活環境支援協会とは、生活の中で培われる能力や知識を証明する資格を発行する資格団体です。例えば、家の整理整頓…主に収納についての知識を認定する『収納マイスター』や家の掃除について精通した人を認定する『ハウスクリーニングアドバイザー』があります。このような生活に根付いたスキルについての資格を認定していっているという訳です。今回の『ペットトリミング』はペットを飼っている家庭では重宝する能力ですね。あなたも『自信がある!』という分野の資格を目指してみませんか?資格を取得出来れば自信に繋がり生活が楽しくなりますよ。

2.『ペットトリミングアドバイザー』について

『ペットトリミングアドバイザー』の資格では愛犬や愛猫に対してのトリミングの知識・能力がある事を有していることを認定します。同じ愛犬でも『子犬・大型犬』というサイズの違いや『シニア犬』などの年老いた犬や『プードル・ウエスティ・コッカー・シーズー・シュナウザー』というような犬種によって対応の仕方、トリミングの仕方が変わってきます。このような違いにも柔軟に対応する経験と知識が必要になります。トリミングに使われるハサミやバリカンやシャンプーなども様々な種類があるので道具についても幅広い知識を身に付けておく必要がありそうです。

3.受験概要

それでは最後に『ペットトリミングアドバイザー』の受験について紹介します。受験料は消費税込みで10000円です。この受験料は申し込み後に送られてくる必要書類を受け取る際に代金引き換えで支払ってください。『ペットトリミングアドバイザー』の試験では特定の試験場は指定されておらず、受験者が家に居ながら試験に解答する『在宅受験』の形式を取っています。その為、試験場に通う必要がないというメリットがあります。これまで住んでいる地域の都合で大きな試験場へ通う事が出来なかった人でも安心ですね。また、他の受験者と同席する事もないのでリラックスして本来の実力を発揮して試験に臨む事が出来るのも特徴です。合格基準は70%以上の点数を取る事です。しっかりと勉強すればそう難しい基準でもないと思いますので悔いのないように準備しておきましょう。合格後は協会ホームページから『資格認定証』を発行する事ができ、自身の能力を証明する手段として活用する事が出来ますよ。もしかしたら知人に『愛犬や猫ちゃんのトリミングをお願い!』と頼まれるかもしれませんね!ペットサロンでのお仕事にも繋がるかもしれません。資格を取得した後は資格を有効活用していきましょう。

4.関連する資格

今回紹介している『ペットトリミングアドバイザー』と同様にペットのトリミングに関する資格として、日本インストラクター協会の主催する『トリマー開業インストラクター』の資格があります。こちらもペットのトリミングに関する資格ですが、日本インストラクター協会のホームページを読んでみると、ペットのトリミングに関する事だけではなく、ペットサロンを経営する上での顧客をつかむ方法や売り上げの管理など経営する上での知識などより実践的で総合的な能力についてを扱っているようです。可能なら両方の資格の取得を目指せば総合的な知識や能力が身に付きそうですね。

今回の以上です。ここまで日本生活環境支援協会の『ペットトリミングアドバイザー』について説明してきました。ペットトリマーを目指す人の参考になれば嬉しいです。ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です