ベビーフードインストラクター認定試験口コミ評判

幼児食資格

SHARE

ベビーフードインストラクター認定試験口コミ評判

赤ちゃんにとって食事とは、食べ物の味を覚えたり、食習慣の基本を作ったりと大切な時間ですので、教育現場で働いている人や、これから子育てをする人、子育てをしていく人たちに正しい知識を伝えていきたい人に人気の認定試験です。

ベビーフードインストラクター認定試験とはどのようなものなのか、どんな仕事なのかを見てみましょう。

≪ベビーフードインストラクター認定試験とは?≫

JIA日本インストラクター協会が認定試験を行っている資格の一種になります。

ベビーフードインストラクターは、子どもの成長に合わせた食事の知識はもちろん、季節に合わせた食事や、幼児に与えるべきおすすめの食事、イベントなどの食事など、オリジナルのレシピを考案し作る事もできる資格です。

学校給食でよく耳にした、「エネルギーとなるもの」「身体を作るもの」「身体の調子を整えるもの」の栄養バランスが含まれる献立を、幼児の体格や運動量によって食事量を考える力や、なぜその食材が用いられたのか説明する力が求められます。

≪ベビーフードインストラクター認定試験の口コミ評判≫

実際のベビーフードインストラクター認定試験の口コミ評判を見てみいきましょう。

・順序立てて勉強しやすい

・自分の子育てや講師として知識が活用しやすい

・栄養バランスを考えた食事を作れるようになった

・基本的な知識の応用なので理解しやすい

内容が理解しやすく、実践として活用しやすことから高評価なようです。

子育ての経験者やこれから子育てをする人、どちらからも高い評価を得ていることから、資格取得後も活きた資格として活躍する事が期待できます。

栄養バランスを基本として理解しておくことがこの資格のポイントとなりますので、それを応用させることが合格の近道のようです。

≪ベビーフードインストラクターの仕事≫

オリジナルレシピも考えられることからベビーフードの企画開発や、カルチャースクールや自宅で開講する講師として活躍する事ができます。

ベビーフードの知識を深く理解している方は少ないので、ベビーフードインストラクターの認定を受けることで就職にも有利に働き、教育現場・飲食業界・ベビーフード専門店など、さまざまな職場で働く事ができます。

実際にベビーフードインストラクターの資格を持っている方のオリジナルレシピは、栄養バランスだけでなく、目にも鮮やかに作られていたので、子ども達も食事を楽しみにしていました。

≪ベビーフードインストラクター認定試験日程と費用≫

JIA日本インストラクター協会の認定試験は、毎年偶数月で行われています。(2・4・6・8・10・12月)

インターネットから申し込む事ができますので、受験したい月の前月中に申し込み手続きをするようにしましょう。

受験料は10,000円で、受験方法は在宅受験ですので、小さなお子さんがいる方や、仕事で忙しい方も安心して受ける事ができます。

合格するには70%のラインが必要となりますので、テキストなどで「体格に合わせた適切な分量」「1日の運動量に合わせた食事量」などの計算について、しっかりと押さえておくとよいでしょう。

他にも「季節に合わせた献立と作り方」などの出題もありますので、過去の傾向と対策を見ておくこともポイントです。

≪まとめ≫

食の正しい知識を独学だけで学ぶことはなかなか難しいもの…

“ただ食べる”ということでは、健やかな成長には繋がっていきませんので、正しい専門知識を身に付けるためにも、このような資格を取得しておくことは、人生の強みになるのではないでしょうか。

子育てを経てベビーフードの知識を教えてみたい方や、これから子育てをするための知識として学びたい方、現在の仕事をスキルアップさせたい方などにおすすめです。

食事によって身体だけでなく心も成長していきますので、子ども達が健やかに大きくなっていくためにも、ベビーフードインストラクターの資格に興味がある方は是非チャレンジしてみてください。
幼児食  幼児食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です