ブリーダー資格人気ランキング

SHARE

ブリーダー資格人気ランキング

“ブリーダー”ときくと専門学校に通って、試験を受けてなどとても取得するのが難しいイメージがある方も多いのではないですか。実は、特別求められる資格などはなく、高卒以上という学歴以外は、年齢なども問われないことがほとんどなので、どのような人でもブリーダーになるチャンスがあるんです。とはいえ、なにもやったことのない・知識のない素人がいきなりブリーダーとして仕事を始めるのは不可能。すでにブリーダーとして働いている方の下につく、あるいはペットショップなどに就職をして学ぶなどやり方は多々ありますが、誰かの下で働くにしても、やはり知識がないと動物を扱うのはこわいもの。そして、今は別の仕事に就いているひとは、なかなか仕事を辞めて専門学校へ通ったりすぐにブリーダーに関する仕事をしてみるのは難しいでしょう。

そんなときに“ブリーダー資格”を取得して、事前に準備しておくのはいかがでしょうか。もちろん、ブリーダーを生業とする気がない方でも、大事なペットを飼育するうえで、より快適に過ごしてもらえるように環境を整えたり、病気など何かあったときにすぐに対応してあげられるように、持っていて損のないものです。

そんな“ブリーダー資格”をどんなものがあるのか、ランキングの形式で紹介していきますので、興味がある方はぜひ。

1位 ペット繁殖インストラクター

「犬や猫の種類別の繁殖方法に関する知識を有していることが証明される」資格。例えば、ペットごとの交配の方法(外部委託、人工授精)や妊娠周期、オスメスの飼育割合、出産可能期間と終生飼育、人気のダックス・チワワ・トイプードルなど室内犬や今流行のミックス犬、大型犬や日本犬など種類ごとの繁殖の注意点、希少カラーの繁殖に伴うリスク、猫に適した飼育方法、猫の健康や食事の管理など様々な知識を有しているということも証明される。資格取得後は、ペット繁殖インストラクターとして自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができ、またペットショップやブリーダーに関するお仕事への就職活動やスキルアップにも。

だれにでも受験が可能。在宅で試験を受けるので、お仕事が忙しい方でも、受験会場や講義受講会場へ向かうのが難しい方でも安心。費用も10,000円と気軽に受けることができるのもいいですよね。

2位 犬・猫ペットブリーダー

「家庭の犬や猫の繁殖や改良について基礎的な知識・ブリーダーとしての業務の知識を有していることを認定される」資格。ブリーダー開業に必要な設計と設備・開業準備・経費と収入・宣伝や告知の方法、オークションの仕組み、ペットショップとの取引に加えて、健康管理(お手入れ、狂犬病、混合ワクチン接種)、交配の方法(外部委託、人工授精)など、ブリーダーとしてよりビジネスライクな知識を有していることが証明できます。

こちらも費用は10,000円で、2か月に1度試験が開催されており、年に1度しかない試験と違って、自分のペースで勉強の期間と試験日を決めることができるのもとても魅力。忙しい方でも、マイペースな方でもいつでも始められる資格ですね。

3位 ブリーディング技能師

「犬など愛玩用の動物を繁殖させる為の知識を持ったブリーダーの知識、技術に対して認定される」資格。自動物の繁殖という非常に繊細な技術や知識を必要とするブリーディング技能師には動物看護学や繁殖飼育学など非常に専門的な知識が求められ、実際の仕事内容は血統書犬特有の遺伝病や罹りやすい病気などに対して理解をし、また望ましい環境を整えての動物の繁殖が挙げられます。

年に3回試験は実施され、費用は15,000円。在宅での筆記試験の受験となります。

4位 ペット繁殖指導員

「自らトップブリーダーを目指す場合ばかりでなく、生体を扱う施設で指導的役割を果たす事の出来る」資格。

年齢制限などはなく、日本畜犬学会認定校の定めるリキュラムを修了した方が受験資格を得られます。カリキュラムの受講は、通学制、通信講座とあるので、自身のスケジュールに合わせて学び方を選ぶことが可能。受験費用は12,000円かかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です