フレンチ資格人気ランキング

フレンチ

SHARE

フレンチ資格人気ランキング

フランスにも地方独特の郷土料理が存在し、それを応用したメニュー、地方の気候やそれに合う酒、ワインの味や銘柄にも精通しているのが、フレンチの資格です。この資格を所得した後には、数々の本格的な料理教室や、マナー教室、西洋独特の食習慣の普及にも貢献する事ができます。高い知識と教養で、その存在は数ある料理セミナーの講師としても活躍が期待されます。

1位:フレンチソムリエ

フランス料理の調理技法や基礎知識、食材、レシピに関する総合的な知識を有し、フランス料理の調理技法、盛り付けの装飾性、スープやポタージュ・肉料理・魚料理・デザートの名称とその特徴からマナー、食し方、 ソースの種類に精通している必要があります。料理に使う野菜・魚介類・肉類・調味料の他に、パイ生地、小麦粉の扱い方、産地別の野菜の特徴など、地域性も知識が幅広く必要です。

テーブルマナーは着席から始まり、食事の終りにもルールがあります。調理器具の名称や使い方、フランスの食器の種類も覚えなければなりません。特にデコレーションには高い美的センスが必要で、公式の場にふさわしい盛り付け方から、ディナーメニュー、コースメニュー、前菜までもトータルでの流れも把握する必要があります。

2位:フランス料理インストラクター

一般家庭では馴染みが薄い、本格的なフランス料理を応用した家庭的なメニューの提案、日本で地産地消で、栽培される野菜や作物、畜産物を使って、気軽に日常生活に本場のフランス料理の真髄を伝える役割が、フランス料理インストラクターです。例えば、おでんは、フランスでのポトフ料理に相当し、ベースとなる出汁も、野菜や肉から得るのがフランス流です。

調理道具も片手で扱えるものが多く、本格的なフランス料理コースメニューの小品料理を応用することもあります。しかもフランス料理は、その起源が不明瞭で、比較的今日のスタイルは、19世紀に確立した比較的新しい料理分野です。そのため、オードブル、スープ、魚料理、肉料理、サラダ、チーズ、デザートと常に順番が決められ、主体となる食材は決められたものを使う場合が多いです。

そのため、調理方法によって食感や味の変化、煮込みも出汁と仕上がりが区別されない調理法もあります。こうしたルールは、家庭料理でも応用がしやすく、フレンチ風として気軽に作れるアイデアも生まれる土壌があります。フランス料理インストラクターは、日本の標準的な家庭における、フランス料理の普及と応用、楽しみを伝えるインストラクターです。来客のおもてなしや、パーティーでも活用でき、その応用の幅のお陰で、料理教室でも非常に人気がある講師やセミナーを開催できます。

3位:フレンチ薬膳ビューティーアドバイザー

薬膳とは、本来、中医学理論に基づいて食材、中薬と組合せた料理で、栄養、効果、色、香り、味、形など全てを併せ持った「食養生」という概念から生まれた中国を中心とする東アジアで行われてきた伝統医学を基にした料理名です。そのため、薬膳料理は、盛り付けや彩り、そういったデザイン的要素は少ないのですが、調理の概念を前提にして、フランス閭里文化を取り入れた、全く新しい薬膳が、フレンチ薬膳です。

穀類は主な食材として「五臓」と呼ばれる五種類の雑穀を含めた豆と麦で、肉類は鶏、羊、豚など、美容とダイエットに寄与する健康的な食材を使います。見た目は一見フレンチですが、調味料の一部は中国由来の香辛料を使います。薬膳に必要な、酸味、苦味、甘み、辛味、淡い味をフランス風に再現することで、食卓に美容と健康をアドバイスする食生活を提案します。

フレンチ薬膳ビューティーアドバイザーは、まだまだ新しい分野の資格なので、これからは一層の注目を集めるでしょう。ともすればバラエティの乏しい食事になりがちな、ダイエット食や健康食、食事制限にも応用できる資格が、フレンチ薬膳ビューティーアドバイザーです。東洋医学に基づいた健康料理教室や、ダイエットセミナーでその活躍が期待されます。
フレンチ資格 フレンチ資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です