パワーストーン資格人気ランキング

パワーストーン天然石

SHARE

パワーストーン資格人気ランキング

「苦しい時の神頼み」といった言葉もあるように、昔から日本には信仰の対象がたくさんあり、その中の一種としてパワーストーンは人気になっています。10代の学生から年配者に至るまで、実に多くの人がパワーストーンのブレスレットを身につけている光景を見かけますよね。やはりパワーストーンに秘められた不思議な力が、身につけた人を守ってくれるような気がするのかもしれません。

以前はパワーストーンは天然の石を指して言われていたのですが、現在では天然石、人工石どちらも総称してパワーストーンといった分類がなされているそうです。パワーストーンを扱ったショップはいつも賑わっていて、それぞれの願いを叶えるためにパワーストーンを使用したアクセサリーを買い求めています。

パワーストーンに関する資格は、パワーストーン専門店での仕事に活かしたいという人や、アクセサリー作りを副業にしている人、パワーストーン集めが好きで、パワーストーンの効果的な組み合わせを知りたいという人に人気となっています。今回はパワーストーンに関する資格をランキングで紹介します。

1位 パワーストーンスペシャリスト

主催団体:日本生活環境支援協会

https://www.nihonsupport.org/shiken/powerstone/

パワーストーンは上手に扱えば厄除けや願掛けに最適なアイテムですが、間違えた使い方は効果が半減するどころか逆効果になる事もあるそうです。そのためパワーストーンを扱うためには専門的な知識を持つ人が重宝されます。

パワーストーンスペシャリスト資格はパワーストーンの歴史や種類、浄化の方法や誕生石の種類、効果など様々な知識が求められます。ショップの店員や占いの仕事をしている人にも人気の資格だと言われます。

2位 天然石セラピスト

主催団体:日本アロマメディカル心理セラピー協会

天然石資格の天然石セラピスト認定試験

パワーストーンに関する資格を取得する人の多くは、パワーストーンを扱うショップで働いている人だと言われます。仕事は主に接客とアクセサリーの製作で、勉強など大変なことも多いそうですが、やりがいのある仕事だといった意見が聞かれます。

パワーストーンを扱うショップでは、資格を取得していない人も働く事が可能ですが、パワーストーンについて積極的な学習を積んだ人の方が、やる気も買われて採用されやすいといった傾向があるそうです。また相性の良いパワーストーンの組み合わせなどもあるそうですので、そういった知識を学習しているとお客様の希望にあったアクセサリーを作る事も簡単になりますね。

3位 パワーストーンセラピスト

主催団体:日本能力開発推進協会

パワーストーンセラピスト

パワーストーンの種類や効果を学習することはもちろんですが、パワーストーンを販売するという仕事はお客様の希望に合った、最適なパワーストーンを選び出す能力も必要になります。もちろんパワーストーンの知識がある方が断然有利になりますが、大切なことはお客様に寄り添う接客をする、ということです。

資格を取得したらそれだけでパワーストーンを扱うことができるかと言えば、少し違うかもしれません。そういったことも、こういった試験の学習を通して学ぶ事ができれば良いですね。

4位 ストーンコンダクター

主催団体:日本パワーストーン協会

http://www.gakusyu-forum.net/jpowerstone/

こちらの資格は全国にある教室での通学を規定回数行うことで資格の受験資格が得られます。授業料や材料費、交通費などを考えると通信教育よりも出費がかさみますので、パワーストーンの講師である「ストーンコンダクター」として活動したい、という人にお勧めしたい資格です。

5位 天然石検定

主催団体:天然石検定協議会

http://www.tennenseki.jp

こちらの資格は同主催団体に数多くある天然石に関する資格を総称した呼び名で、細かく分類すると「2級ディプロマ」「1級ディプロマ」「マスター認定」といった資格があるそうです。マスター認定の資格を取得すれば、講師としての活動も可能ですが、1,2級ディプロマの特典は公式教材を若干安値で購入できるといったことくらいでしょうか。

マスター認定を取得するまでにも受験料などが必要となりますし、時間と金銭に余裕がある人にお勧めの資格です。

まとめ

パワーストーンに関する人気資格ランキングを紹介しました。あなたも大好きなパワーストーンについて学習をして、仕事に活かしてみましょう!
パワーストーン天然石  パワーストーン天然石

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です