ニードルフェルトデザインマスターの口コミ評判

ニードルフェルト羊毛

SHARE

ニードルフェルトデザインマスターの口コミ評判

ニードルフェルトデザインマスターという資格があります。
ちょっと横文字が長くて分かり辛いかもしれませんが、羊毛フェルトの資格なんです。

デザインマスターとまで銘打ってあるし、さぞ専門的で難しい資格なんだろう、と考えてしまいそうですが、
実は専門的な知識や経験がなくても、誰でも取得ができる資格なんです。
主催するのは日本デザインプランナー協会というデザイン業界に強い資格認定試験を執り行う団体です。

このニードルフェルトデザインマスター、どんな資格なのか、どういった需要に強いのか、紹介していきます。

ニードルフェルトデザインマスター認定試験

主催団体:日本デザインプランナー協会
受験資格:なし
受験方法:在宅
受験費用:10,000円

概要はこの通りとなっています。受験資格が特に無いため、どんな方でも取得が可能です。
求められるものは技術や知識は勿論、羊毛フェルトを通した自己表現等の意識的なファクターです。
普段から趣味でやってるよ、と言った方には敷居がそこまで高くない資格ですね。
資格と聞くと年単位の長い時間を勉強に費やして試験に臨み取得するもののイメージが強いですが、
こういった趣味の分野の資格なら、今まで趣味に使った時間がそのまま勉強になっているのが利点ですね。

資格を取得すると先生として活躍することができますし、個人で展覧会を開くのも夢ではないかも?

羊毛フェルトの広まり

最近ではSNS等で爆発的に広まった羊毛フェルトがありましたが、実際の動物と見間違えてしまうほどの
完成度を持つ作品を作り出している作家さんも存在している程、ポピュラーな趣味として認知されています。
こういった高いクオリティの作品をブログにアップする作家さんは多く、その作品を見た方から製作依頼を
される事で知名度や、自分の作品の普及や収入アップに役立てているようです。

こういった手芸の特徴として、幅広い年齢層・技術レベルに受け入れられるものという事があります。
小さな子供から高齢者まで、興味を持つ人の幅が非常に広く、教えを求める人が多いということは、
教える側に立つ人の需要が他の分野よりも多いということですね。

また、商品価値としても羊毛フェルトは意外なほど高値をつけられている作品が多く存在します。
というのも、高い完成度を持つ作品を一つ作り上げる為には1ヶ月以上かかるものも存在します。
買い手は作品の価値以上に、製作者のその高い技術に高い値段を払うといった傾向があるんですね。

技術というものは目に見えないものですから、資格の存在は大きいんです。
こういった資格を持っていますと掲げるだけで、人はかなりの安心や信頼を覚えますよね。
心理的な事ですが、こういった人間の心持ちを左右できる資格は思っているより重要です。

さて、趣味の世界から作家レベルの作品まで幅広い需要のあるニードルフェルトデザインマスター。
これまでに羊毛フェルトを手がけてきた方や、これからやってみたい方にオススメの資格となっています。
ご自身のステップアップや、肩書を得て箔を付けたい方にも取得を薦めたい資格となっていますので、
興味のわいたかたは是非認定試験にチャレンジしてみてくださいね。
ニードルフェルト羊毛  ニードルフェルト羊毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です