ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

ドッグトレーニング

SHARE

ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

昔は「番犬」として犬を外で飼っている家庭が多かったのですが、現在は癒しとして、家族として犬を室内で飼っている家庭が増えてきました。

一緒に生活する時間が増え、しつけについてプロの手を借りたいと思う飼い主が増えてきたことから、ドッグトレーニングアドバイザーなどのトレーナーの仕事が増えてきました。

犬のしつけを学びたい方や、プロの知識を講師として伝えたい方、ドッグトレーナーを育てたい方など、色々な目的で取得する方が増えてきました。

今後も増えていくであろう、ドッグトレーニングアドバイザーの詳しい内容をご紹介したいと思います。

≪ドッグトレーニングアドバイザーとは?≫

JLESA日本生活環境支援協会が認定している資格の一種です。

一般家庭の犬のしつけについての、基礎的な知識やトレーニングを行うことができる資格です。

日本のドッグトレーニングは英国式に近く、世界共通と言えます。

他にも様々な国の良いしつけを取り入れていることから、世界で通用するトレーナーが多いと言われています。

求められる力量が高く難しい仕事ですが、とてもやりがいのある仕事ですので、しつけに自信がある方や、ある程度のノウハウがある方、犬が大好きな方、ペット業界や開業したい方におすすめの資格となっています。

≪ドッグトレーニングアドバイザーの口コミ評判≫

実際のドッグトレーニングアドバイザーの口コミ評判を見ていきましょう。

・講師として活躍する事ができた

・要領よく勉強しやすい

・ペットの行動を理解することで、良好な関係を築く事ができた

・問題行動をするペットの飼い主を救う事ができた

学んだ知識が、実践とその結果として繋がることが、高評価に繋がっているようです。

ペットを飼う人が増え、その講師・トレーナーとして求められることが多く、ドッグトレーニングアドバイザーとしての価値を見出す事ができた方が多いようですね。

≪ドッグトレーニングアドバイザーの仕事≫

お座りなどの基本的なしつけや、無駄吠え、甘噛みなどの悪い癖を直すなど、資格取得後はドッグトレーニングアドバイザーとして、ペット業界、自宅やカルチャースクールで講師として活躍することができます。

最近では忙しい飼い主に代わって、ペットの世話をするドッグシッターという仕事も増え、活躍の場は確実に広がっています。

大切な家族(ペット)を預けるわけですから、やはり資格取得者の方が安心できるのではないでしょうか。

資格は目に見える物ですので、顧客からの信頼や就職に有利と言えます。

ペット関係の仕事に就きたいと考えている人は、是非とも取得しておきたい資格ですね。

≪ドッグトレーニングアドバイザー認定試験日程と費用≫

JLESA日本生活環境支援協会の認定試験は、毎年偶数月で行われています。(2・4・6・8・10・12月)

インターネットから申し込む事ができますので、受験したい月の前月中に申し込み手続きをするようにしましょう。

受験料は10,000円で、受験方法は在宅受験ですので、忙しい方やリラックスして受けたいという方にも安心して試験を受ける事ができます。

合格するには70%のラインが必要となりますので、テキストなどで「犬のしつけトレーニング法」「犬の習慣・行動学」について、しっかりと押さえておくとよいでしょう。

≪まとめ≫

犬がペットとして増える中で、今後はどんな内容が求められるのか、どんなシステムが必要なのか、今回ご紹介した仕事以外にも、ドッグトレーニングアドバイザーとして新たな仕事を見つけ出す事ができるかもしれません。

もちろん、一般家庭でのしつけについての基本的な知識を学ぶこともできますので、自分のペットの問題行動を改善し、良好な関係を築きたい人にもおすすめです。

自宅でのしつけ教室などは、プライベートな時間を確保しながらも好きな仕事に携わる事ができるので、自分のペースで働く事ができるのも魅力的だと思いますので、興味がある方は是非受けてみてください。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です