スープ資格人気ランキング

スープ資格

スープは日本でもメジャーなものとなり、汁物料理とは少し違った角度から色々な料理が食べられるようになりました。スープとは言っても、かなりの種類がありますし、その国ごとに違ったものが食べられています。近年、そんなスープに関する資格が人気を集めています。

1位:スープマイスター

スープマイスターという資格は、スープはもちろん、汁物全般の知識を有している方を認定するための資格となっています。スープの歴史はもちろん、スープの種類などについても網羅していることが必要です。なお、スープとは言っても、何で出汁を取るのかで違ってきますし、具材も何を入れるかによって違ってきます。作り手によって大きく変化するもの、それがスープだと言えるでしょう。それらを熟知している人こそが、スープマイスターに相応しいと言えます。

単純に昆布や鶏がら、塩など食材によってスープに使われるものも大きく異なります。また、日本のスープと海外のスープでは違いも多いでしょう。そういうものについても深く知ることが必要となる資格です。

その他、スープを飲む時のマナーやルール、食べ方や作り方、レシピなどについても幅広い知識が必要となります。しかし、それらの知識を見に付ければ、さまざまな業界で働くことができるでしょう。特に飲食業界では、かなり活躍することもできます。ぜひマイスターとしての力を発揮してみてください。

2位:健康スープアドバイザー

健康スープアドバイザーの資格は、スープを使って健康促進をおこなう知識を有している方を認定する資格です。アドバイザー資格となっているため、食育や食生活の面でもアドバイスできる立場となる資格と言えるでしょう。必要となる知識は豊富ですが、その分知識があれば、教室を開いたり、人に教えたりすることができます。

特に健康スープアドバイザーの場合は、食材や出汁、具材などについても知っておくことが必要です。それらの組み合わせによって、健康をサポートできるような料理を作るための知識も必要となるでしょう。日本人が普段から飲んでいる味噌汁などは健康にも良いと言われています。その他、世界のスープの中にも、何を入れるかによって健康への影響も変わってくることが多いでしょう。

健康スープアドバイザー資格は、食に関する仕事をしている方に人気の資格です。また、近年では健康だけではなく、美容などの観点からスープを活用しようとする動きもあり、それらの知識も今後は必要となってくるかもしれません。せっかく勉強するというからには、スープの基礎から応用まで身に付けて、色々な世界で活躍してみてはいかがでしょうか。

3位:スープソムリエ

スープはその国、地域によって大きく異なります。実際に日本のスープでは味噌汁などがメジャーですが、その味噌汁も作り手によって大きく異なる場合があります。それらのスープの知識を深く持ち、より細かな知識を活用して活躍できるのがスープソムリエです。近年も人気の資格となっていて、スープに精通している仕事の方などに人気となっています。

スープソムリエは、ソムリエ資格なのでスープの基本的な情報はもちろん、さらに深い知識まで有していることが必要となります。歴史や文化などはもちろん、種類や食材、具材、出汁など色々な知識を見に付けておくことが必要となるでしょう。しかし、それらの知識があるからこそ、より活躍の場も広くなります。

ソムリエ資格を取得すれば、飲食業界で働く時に役立ちます。その他、自分で教室を開くこともできますし、他の店に監修することもできるでしょう。もちろん、すでに飲食業界で働いている方の中には、よりスープの知識を深めるために取得する方もいます。

スープソムリエ資格は、世界のスープと日本のスープ、それらの歴史や文化を知り、知識を使って色々なことに活用できる方を認定するためのものです。気になる方は挑戦してみてください。
スープ資格 スープ資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です