スマホを更に楽しめるアプリをつくる!アプリ開発について

shikakusyutoku

SHARE

スマホを更に楽しめるアプリをつくる!アプリ開発について

アプリ開発

スマートフォンが普及し、誰もがスマートフォンを持っている近年、同時に普及してきたのがアプリです。ゲームを中心に様々なアプリが出されており、それに伴いアプリの開発者も多く求められています。

アプリ開発 難易度・就職・仕事の内容・年収など

アプリ開発には様々な知識が必要になります。グラフィックやデザイン、音響など様々なものが合わさって一つのアプリとして完成するからです。その中でも、基盤と言えるのがプログラミングです。そんなプログラミングに関した資格として主にjavaプログラミング認定やC言語プログラマー能力検定があります。javaプログラミング認定の合格率は約60%ほどで、比較的簡単です。また、C言語プログラマー能力検定の合格率も約60%ほどで、比較的簡単だといえます。

これらの資格を取得しての就職先としては、Webコンテンツを作成している企業が主になります。仕事内容は、アプリの開発だけでなく、Webサイトの作成などWebに関するもののほとんどにはプログラミングが必要となるため、幅広い活躍が期待できます。この場合の年収は、平均300万円から400万円ほどになります。

アプリ開発 受験資格・試験内容・合格基準など

アプリ開発の基盤であるプログラミングに関する資格、javaプログラミング認定とC言語プログラマー能力検定には、受験資格が設けられていないため、誰でも受験することができます。

javaプログラミング認定は1級から3級に分けられています。1級の試験内容は、テーマプログラムの仕様変更や仕様追加等のプログラム作成が実技試験として問われます。2級では、演算子やクラス、変数などプログラミングを行うにおいて必要となる知識が筆記試験で問われます。そして3級では、基礎的な問題が出題されます。

C言語プログラマー能力検定も1級から3級に分かれています。1級ではテーマプログラムに対する仕様変更や追加等のプログラム作成 を行うことになります。2級では、定数や演算子、宣言指定子や変数といったC言語を扱う上で必要な知識が問われます。そして3級でも、2級と同様の内容が問われますが、基礎に近い内容になっています。

javaプログラミング認定とC言語プログラマー能力検定の合格規準は、1級から3級全てにおいて60%以上の得点で合格となります。

アプリ開発 通信講座ランキング

1位 デジハリ・オンラインスクール iPhoneアプリ講座

デジハリ・オンラインスクールのiPhoneアプリ講座は、プログラミング初心者やアプリ開発初心者にもおすすめの講座です。実際にアプリを開発し、それを拡張していくことでプログラミングの基礎を学ぶことができます。実際にアプリを開発するため楽しみながら学習することができます。

2位 日本プログラミングスクール javaマスターセット

日本プログラミングスクールのjavaマスターセットは、重要ナンバーワンのjavaを学習することができます。通信講座なので自宅で手軽に学習することができ、月1回通学で学習をすることもできるので、疑問なども解消しやすくなっています。

3位 日本プログラミングスクール C言語マスターセット

日本プログラミングスクールのC言語マスターセットは、プログラミング言語の基本であるC言語を学習することができる講座です。C言語プログラマー能力検定2級を目指すことができる内容となっているため、プログラミングの基本を学びたい人におすすめです。

4位 日本プログラミングスクール 組み込み系マスターセット

日本プログラミングスクールの組み込み系マスターセットは、プログラミングのさらに深い知識を学ぶことができる講座です。アプリやWebサイトの開発だけでなく、機械を動かす組み込み系プログラミングを学べます。

5位 デジハリ・オンラインスクール Webプログラミング お得パック

デジハリ・オンラインスクールのWebプログラミング お得パックは、PHPやJavaScript、 HTML5といった、javaやC言語とは違うプログラミング言語を学ぶことができます。様々なプログラミング言語を扱えるようになりたい人におすすめです。

まとめ

アプリが非常に普及している今、アプリ開発の職業に就くことを志望している人も多くいる事と思います。アプリ開発をしてうまく動いた時の喜びはとても大きい、そんなやりがいのある仕事だと思います。

またプログラミング言語はアプリ開発だけでなく、Webに関することであれば必要になるものです。そして一口にプログラミング言語といっても様々な種類の言語があり、開発するものによってプログラミング言語を使い分ける必要があります。

アプリ開発を目指す人だけでなくWebに関わる仕事に就こうと考えている人には、出来るだけ多くのプログラミング言語の知識や技術を身につけ、幅広く様々なシステムの開発が行えるようになってもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です