スポーツ運動資格人気ランキング

ウォーキング

SHARE

スポーツ運動資格人気ランキング

世界的な健康ブームとなっています。外を歩けば朝晩問わずにジョギングやウォーキングに汗を流す人を見かけますし、市民マラソンの参加申し込みが数分で定員に達したという報道を目にすることもありますね。

そんなスポーツブームの中、スポーツ関連の仕事にも注目が集まり、資格を取得する人が増えているそうです。スポーツは正しく行えば心身の健康に大いに役立ちますが、間違った方法でトレーニングを行うと、ケガや故障の原因にもつながります。そのため仕事として活かしたいと考える人だけではなく、自身の健康のために学習を進めて結果として資格を取得するといった人も多いそうです。

運動が好きな人や、スポーツ関連の仕事に役立てたいと考える人には、ぜひ通信教育で学習をして、資格の取得をお勧めします。通信教育で学習をするメリットは、何といっても自分のペースで額酒を進める事ができること。通常は半年ですが、最短2ヶ月で資格を取得する事ができるので、日中は仕事をしている人でも時間を作りやすいという点です。

また通信教育の講座によっては、無試験で修了と同時に資格取得をできる講座もあります。確実に資格が欲しいと考える人は、受講する講座も検討してみましょう。

今回はスポーツ運動資格の人気ランキングを紹介します。

1位 健康ウォーキングアドバイザー

対象講座名:諒設計アーキテクトラーニング
期間:6ヶ月(最短2ヶ月)

ウォーキングは誰でも簡単に行える運動のひとつで、初期費用もほとんどかからない事から大人気のスポーツとなっています。しかし、運動に慣れない人が突然ウォーキングを始めてはウォーキングの正しい姿勢や効果が半減してしまう事があります。

健康ウォーキングアドバイザーはウォーキングが与える心身への影響や生活習慣病予防のための知識を取得しているという事を証明する資格で、ウォーキングを日々取り入れている人やスポーツ関連の仕事をしている人に人気の資格となっています。

2位 歩き方インストラクター

対象講座名:諒設計アーキテクトラーニング
期間:6ヶ月(最短2ヶ月)

歩き方インストラクターも健康ウォーキングアドバイザーと同様に、ウォーキングの効果的な方法について学習し、個人に合わせた歩き方やペースを考えてコース作りを行い、より効果的にウォーキングを楽しむための知識を有していると証明する資格です。

こちらはインストラクターの資格ですので、指導者として人材の育成をする事ができるというのが大きな特徴となっています。

3位 スポーツトレーナー

対象講座名:日本メディカルスポーツトレーナー協会

スポーツを行う上で、事故やケガに注意し、その人の体力や年齢に合わせた運動メニューを考案するスポーツトレーナー。地域の子どもにスポーツを教える立場の人や、スポーツを指導して選手のコンディションに合わせた管理をする、という事に興味がある人にお勧めの資格です。

現在は通信教育で使用される教材をリニューアル中のため、講座は一旦中止しているそうです。

4位 スポーツリーダー

対象講座名:NHK学園
期間:4ヶ月

スポーツ指導やボランティアでスポーツを指導する人の為に、基礎的な知識の他にも、応急処置やコーチングの基礎知識も学習します。指導者として活躍したい人や、自身の健康管理として学習をしたいという人に人気の資格です。

5位 アスレティックトレーナー

対象講座名:特定非営利活動法人ジャパン・アスレティック・トレーナーズ協会
期間:約3ヶ月

ジャパン・アスレティック・トレーナーズで認定されるアスレティックトレーナーの資格は、通信教育で37科目74単位が必須単位となり、単位を取得した後に、ジャパン・アスレティック・トレーナーズ協会への正会員申請を行うと、資格取得に至ります。

しかも通信教育を受講するためにはスポーツの専門学校・大学・大学院のいずれかの卒業が必要となりますので、ハードルはかなり高いものだと言えます。
スポーツ関連で人気の資格をランキングで紹介しました。体を動かすことが好き、スポーツ関連の仕事をしたいと考える人は、ぜひ通信教育で資格取得を目指して下さい。
ウォーキング資格講座ウォーキング資格講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です