カフェオーナーになろう!必要な資格や知っておきたい基礎知識!

コーヒー

SHARE

カフェオーナーになろう!必要な資格や知っておきたい基礎知識!

女子のあこがれといえば、いつの時代もカフェオーナーですよね。自分はオーナーとして、カフェを運営することができるのです。そこで今回はカフェオーナーになるにはどうしたらいいのか?カフェオーナーになるために必要な資格はどのようなものなのか?ということについてご紹介したいと思います。みなさんもこの記事を参考にしてぜひともカフェオーナーを目指してみてください。昔からカフェオーナーになりたい!と思っている人も多いと思います。今人気なのがカフェオーナー。なりたいランキングでも上位に来ているのです。カフェオーナーといえば、美味しいコーヒーを出してお客様に満足をしてもらうような素敵なイメージがある仕事だと思います。

必要な資金はどれぐらいなの?

では次にカフェオーナーになるために必要な資金はどれぐらいのものになるのでしょうか?その辺について詳しく見ていきたいと思います。まずは、食器や厨房機器を購入するために。さらに、コーヒー豆には色々な種類があります。合計で600万から2000万円ほどあれば十分ではないでしょうか?内装にどれ位お金をかけるのか。という点や調理設備にどれ位のものを使用するのか?という点などにより、かかる費用も異なってきます。さらには、カフェオーナーということはアルバイトや正社員で店長などを雇うとさらに人件費がかかるようになります。資金は余裕を持って準備するようにしたいですね。

実は今人気なのが、カフェオーナーの通信講座や通信教育

こちらは、今までカフェオーナーになったことがない人でも、カフェオーナーになることができる知識を簡単に得ることができるというもので、若い人を中心に人気の講座になっています。今まで飲食店などを経営したことが無い人はこのような講座を受講するようにするといいかも知れませんね。スクール形式なので、気軽に時間をかけてカフェ経営を学ぶことができるのです。評判も上々で多くの人が学んでいるようです。カフェの通信講座は口コミで人気になっているものもあるようです。カフェの通信講座は色々な物がありますので、比較をして自分に合ったものを選ぶようにしたいですね。食品衛生責任者資格という資格が必要になります。こちらの資格は1店舗に1人必要になります。この資格は受講をすればもらえる資格なので、社団法人の衛生管理教会に問い合わせてみましょう。

カフェオーナースペシャリストの制度とは?

日本安全食料料理協会というところが行っている認定試験で、受講料は1万円で数ヶ月に一回程度おこなっているようです。今まで飲食店などをしたことがない人は、受講して見るといいかも知れませんね。コーヒアドバイザーという資格もあります。こちらの資格も日本安全食料料理協会が行っている資格で、数ヶ月に一度程度の感覚で開催されているのです。資格内容はコーヒー豆の入れ方や産地などの知識を得るためのものになります。
カフェ  カフェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です