カップケーキ資格人気ランキング

カップケーキ

SHARE

カップケーキ資格人気ランキング

薄い紙やアルミ箔のカップに生地を流し込んで焼いた、焼き菓子をメインとした小さな洋菓子をカップケーキと呼ばれています。 American Cookery という本において「小さなカップで焼かれたケーキ」として紹介されたのが1796年です。当時は、陶製のカップやラメキンその他のカップ型の容器を使って焼かれることが多かったのですが、現代では紙や耐熱ガラスで作られることが主流となっています

1位:カップケーキソムリエ

材料の重さを量るかわりに、基準となるサイズのカップを用いて材料の容量を量って作る事もできるため、比較的、西洋の焼き菓子としては、簡単に作ることが出来るので、一般家庭で広くそのレシピが知られています。ケーキと同じバター、砂糖、卵、小麦粉といった通常サイズのケーキと同じ材料を使います。カステラを台に、クリームやジャムをはさんだ洋菓子のレイヤー・ケーキ同程度の洋菓子なら、基本的に何でも作れるのが特徴です。

小さい焼き菓子であるため、熱伝導の観点から短時間で仕上げることが可能で、デコレーションによって、彩り美しい洋菓子に仕上げることも出来ます。カップケーキソムリエは、こうしたカップケーキのレシピ、工夫や飾り付け、デザインにも精通した、カップケーキの総合的な製法や、知識、応用を習得してる必要があります。

2位:カップケーキ・マフィンパティシエ

アメリカ式のカップケーキ状の焼き菓子と、イギリス式の丸型で焼いたパン状の小麦粉と卵を使った、菓子とイングリッシュ・マフィンのような主食として使われるものがマフィンと言われます。現在ではアメリカ式とイギリス式の2つにわけられる事が多いです。中にブルーベリーなどのフルーツやナッツ、チョコチップなどを入れて、甘く仕上げるのはアメリカ式です。

イングリッシュマフィンは、朝食メニューのベーコン、目玉焼き、ソーセージと共に食べられる、酵母で発酵させた丸いパンを指します。イングリッシュマフィンは、小麦、牛乳、酵母、砂糖と塩を練った生地で作る、柔らかいパンのような特徴があります。またアメリカ式は、日本で言われるカップケーキと同様の焼き菓子で、イングリッシュマフィンは、ファストフード店の朝食メニューとして世界的によく知られています。

カップケーキとの違いは、ベーキングパウダーを使って、いち早く短時間にふくらませる違いがあり、カップケーキに比べて、大量生産に向いている特徴があります。こうしたカップケーキの製造法、マフィンの製造法、材料、焼き加減や応用などの、主に調理を主体とした技術を有しているのが、カップケーキ・マフィンパティシエです。

3位:日本サロネーゼ協会(JSA) ・カップケーキデコ

日本で初めてデコカップケーキの専門資格を作ったのが、 日本サロネーゼ協会(JSA)です。デコレーションカップケーキのバリエーションを広げるための技術や、販売できるスキルを見つけられる民間資格の認定団体、一般社団法人です。カップケーキデコ資格とは、カップケーキ関連のオリジナル道具や直輸入品の割引購入などが出来、ローコストでプロレベルのカップケーキのデコレーション技術を学べます。

コンテストや交流会への参加、カルチャースクール講師など、プロとして、カップケーキを通じた社会貢献、普及や販売を行えます。デコレーションカップケーキの基本からしっかり学べ、カップケーキデコ認定講師講座では、12時間で講師として必要な様々な技術を学べます。17年以上に渡る、ケーキ・アイシングクッキー教室の講師・運営に携わってきた有名なところで、イギリスで学んだ技術を元にし、本格的で実用的な技術を学べます。

講座で学べる技術の多さと実際に活躍している講師の多さから、各界で定評で、現在活躍中のJSA認定講師も多数存在しています。資格を所得し、卒業してからも、サポートは充実しており、シュガーペーストを使用した様々なカバーリング方法や立体的な造形や、クリームのデコレーション技術、花絞りなどのプロの技術を習得出来る、国内では非常に充実した内容となっています。
カップケーキ資格 カップケーキ資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です