カクテル資格人気ランキング

SHARE

カクテル資格人気ランキング

”カクテル”のイメージといえば、ちょっと昔はおしゃれな、もしくは雰囲気のあるバーでバーテンダーさんが作ってくれる特別なお酒だったのではないでしょうか。でも、今ではネットはもちろん、雑貨屋さんなどのお店でもリキュールを購入することができ、また誰にでも真似ができそうなわかりやすいレシピは少し調べるとすぐに手に入れられる時代になりましたよね。“カクテル”というお酒に対してのハードルが少し下がり、だれにでも親しみやすいものとなったのではないでしょうか。シェイカーなども、Amazonなどでいつでもだれでも購入ができてしまいます。

ただ自分で“カクテル”を作ってみようと思ったときに、やはりシェイカ―をかっこよく使って、おいしいものを作りたいという欲が出てくるのではないでしょうか。そんなときに必ずみんながつまづいてしまうのは「どのように振るのか」や「どこまで用具をそろえる必要があるのか」ということ。また、”カクテル”を頼む時にいつも同じものになってしまい、おもしろくないなと思ったなんてこともありますよね。

いくら“カクテル”が身近になったからといって、書籍やネットの情報だけでは、リキュールの入れ方など感覚的な部分はなかなか理解が難しい、少し調べただけでは自分に合うカクテルはわからないのではないでしょうか。

そんな状況を解決してくれ、ホームパーティを開催するときにきてくれたゲストをおいしいカクテルでもてなすことができたり、飲食に関するお仕事をされる方はもっていて損がない資格が“カクテル資格”なのです。そんな“カクテル資格”を1位~3位のランキング形式で紹介していきますね。

1位 カクテルソムリエ

「聞いたことはあるけど実際よくわかっていない、ロングドリンクやショートドリンク、フローズンカクテルやホットカクテルなど種類はどんなものがあるのか」、「ネットでは見たことあるけど本当のレシピはどういうものなのか、ベースになるリキュールの種類とその選び方はどのようにするのか」、「温度管理の方法、ステアやビルドやシェイク等の方法と使い分けはどのようにするか」、「アイスピックやディッシュクロスの使い方、カクテルに合わせたグラスの選び方、フルーツカットの技法」などの幅広く、そして細かい部分のカクテルに関する知識を持っているということを証明できる資格。

受験資格はないので、だれにでも挑戦が可能。また、在宅で試験を受けることができるので、お仕事で時間の確保がむずかしい方でも、自営業などで動くことがむずかしい方でも、やりくりして試験に臨むことができるのがいいですね。費用も10,000円と気軽に受けることができるのも安心。

飲食関係の方はプロとしてお客さんへ出すドリンクのレベルをぐんとあげることもできますよね。

2位 カクテルコンシェルジュ

「カクテルに関するあらゆる知識を有していることを証明するだけでなく、カクテルの作り方や技法、道具の選び方などに関して精通し、実際にカクテルを作るための知識、技術を持っていることを証明する」とされている資格。

こちらも費用は10,000円で、2か月に1回のペースで試験が開催されているので、年に1度しかない試験と違って、自分のペースで勉強の期間と試験日を決めることができるのも魅力的ですね。カクテルを趣味のされている方は、より深めることで恋愛にも怒ることができるかも。

3位 カクテルマイスター

「カクテルを楽しみ語れるプロになろう!」、「カクテルの歴史からバーでのマナーまで、カクテルが好きな大人なら知っておきたい知識を持つおしゃれなスペシャリストになろう」という目的をかなえてくれるのがこの資格。

受講料は27,000円と少し高めではありますが、約1か月程度の学習期間で充実した内容の口座を受講することができます。もちろんスキルアップにもいいですが、マナーなどを身に着けることで、プロ顔負けの知識がつき、よりよい雰囲気でおいしくカクテルが飲めますよ。

4位 カクテルアナリスト

「カクテルをはじめ、ワイン、ビール、ウィスキー、ブランデー、リキュールなどの洋酒に関する専門的な知識、カクテルを作るための配合からシェイクなどの専門技術を備えていることを証明する」資格。

受験料は5,600円でとても手軽ですが、日本能力開発推進協会認定機関が行う全カリキュラムを修了した方にのみ受験資格があるので注意。

5位 カクテルアドバイザー

「日本ホテルバーメンズ協会、略称HBAが行っている一般向けのカクテルライフを対象とした民間資格。

カクテルが好き、大人の付き合いとして知識を高めたいなどの今は知識のないカクテル初心者の方も、基本から学んでいけるので安心。そのまま認定試験へと進むことができるので、講座をしっかりと受講すれば合格はほとんど間違いないのでは。受講料は、受験料も含む3万6000円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です