カクテルコンシェルジュ認定試験口コミ評判

SHARE

カクテルコンシェルジュ認定試験口コミ評判

複数のお酒をブレンドして楽しむ『カクテル』。自分で楽しむ趣味として、または自慢のブレンドのカクテルを友達に振る舞ったりなどしている方も居るかもしれませんね。そんなカクテルについての知識を身に付けた人を認定する資格として『日本インストラクター協会』の『カクテルコンシェルジュ』があります。あなたのカクテルの知識を活かしてこの資格の取得を目指してみませんか?今回はこの『カクテルコンシェルジュ』の試験を受けるための方法やどのような事を勉強しておく必要があるのかなど紹介して行きます!

1.受験の方法

『カクテルコンシェルジュ』を受験するには、試験を主催する『日本インストラクター協会』のホームページから申し込む必要があります。申し込みと言っても、必要な書類などを郵送するための住所や氏名などを入力する程度なので、身構えなくても大丈夫ですよ!受験料は税込みで10000円必要です。この受験料は郵送されてくる必要書類を受け取る際に代金引き換えで支払ってください。

また、試験当日についてですが『カクテルコンシェルジュ』では決まった試験場は指定されておらず、各々の家で試験に解答する『在宅受験』の形式を取っています。この為これまで住所の都合で試験場に通えずに受験する機会が無かった人でも安心です。緊張することなく落ち着いて試験に臨む事が出来るのも『日本インストラクター協会』の試験の特徴ですね。

試験の実施についてですが、一年を通して定期的に開催されているので季節を選ばずに受けたいと思った時にすぐに申し込む事が出来ますよ!一般的によくある年に1,2回しか開催されていない試験だと受け損ねると最低でも半年待ったりなどしますから、受けたいときにすぐに受けれるのは安心ですよね。

合格するには7割正解しなければならないのでしっかり勉強してベストを尽くしましょう!合格後には資格認定証が発行されて、様々な場で自身の能力を証明するのに役立てる事が出来ます。

2.『日本インストラクター協会』とは?

それでは、この『カクテルコンシェルジュ』を主催している『日本インストラクター協会』とは一体どういう所なのでしょうか?様々な資格を取り扱う団体の中で『日本インストラクター協会』では講師やインストラクター目指す人向けの資格を主に取り扱っています。『講師やインストラクター向け』とは具体的に言うと、その分野について精通しているだけではなく、まったく知らない初心者の人に分かり易く伝える能力の事を指します。

確かに講師やインストラクターに学ぶ生徒は完全な初心者な訳ですから、専門用語だらけの解説だったり、感覚的な漠然とした説明の仕方では通じませんよね。それどころか「この人に教わっても全然分からない!」と関係が悪化しかねません。そうならない為にも誰にでもわかるように説明するスキルが必要なんです。『日本インストラクター協会』で取得できる資格はそのような『伝わる』技術についての知識を問われるので、資格を取得するほどの知識が身に付けばきっと講師やインストラクターとして初心者に的確に指導できるようになりますよ!

3.『 カクテルコンシェルジュ 』で問われる知識

それでは、実際に試験でどのような事が出題されるのでしょうか?『日本インストラクター協会』の『 カクテルコンシェルジュ 認定試験』の専用ページでは以下のような項目が挙げられています。

『カクテルを作る知識や技法・道具の選び方』『アルコール度数の調整方法』『好みの色を出すためのリキュールの選び方』『卵や生クリームを使ったカクテルを作る時のポイント』『季節に合わせた素材の選び方』『スパイスを使ったカクテルの作り方』『ノンアルコールカクテルの作り方』『材料を入手するためのポイント』『自宅でカクテルを楽しむ為に気を付けるべきポイント』

このような知識をしっかりと身に付けておくことが資格取得へのコツですね。

今回の紹介は以上です。ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です