エスニック料理資格人気ランキング

エスニック料理

SHARE

エスニック料理資格人気ランキング

エスニック料理について深く知りたいという方も多いのではないでしょうか。近年はアジアの料理が注目されていて、エスニック料理も注目を集めています。そこで、ここではその中でも人気の資格について紹介します。取得の際にはぜひ参考にしてみてください。

1位:エスニック料理ソムリエ

エスニック料理ソムリエは、エスニック料理に精通している方を認定する資格となっています。エスニック料理は、各地域の気候や風土、風習や宗教、食文化、食材、調味料、香辛料などによって違いが出てくるものです。それらの中でも、特に多様性があるのがアジアです。ただ、その他にもアフリカや中南米、北欧などはそれぞれの地域ごとに特殊な料理があります。それらの料理についての知識を豊富に有している人が、エスニック料理ソムリエの資格を取得できるでしょう。

種類はもちろん、特徴なども把握しておくことが必要となります。世界にはさまざまなエスニック料理があり、使う食材によってまったく違ってきますし、調味料によっても変わってくるでしょう。それらの違いについても広く知っておくことが必要です。

例えば、世界にはその国で発展した食文化があります。アジアの場合はお茶などの文化がありますし、中南米ではスパイスが強い食文化があります。さらいん、北欧では海産物の他、気候特有の食文化などもあるのです。そういう違いについて知ることもできるのが、エスニック料理ソムリエ資格となっています。豊富な知識があることの証明となるため、エスニック料理店を経営する方はもちろん、それらの店で働く方の取得が多いと言えるでしょう。

また、ソムリエ資格となるので、それぞれのエスニック料理について違いがわかることの証明も可能です。自分が世界各国の料理について知識を有しているという証明ができれば、より活躍の場も広くなるのではないでしょうか。

エスニック料理ソムリエの資格を活かして、インストラクターやアドバイザーになる方もいますし、教室を開いて講師になるという方も多いです。ただ、やはり料理人などの方に人気の資格となっているので、ステップアップとして取得するのが一般的です。取得しているだけでも力になるので、気になる方は取得を目指してみてください。

2位:アジア料理インストラクター

アジア料理インストラクターは、アジア料理について深い知識を持つ方が取得できる資格となっています。アジア料理とは言っても、とても幅広いです。日本が持つ和食特有の食文化はもちろん、中国などの地域によってまったく違った料理に化ける食文化もあります。韓国では焼き肉などが人気ですし、インドやタイはスパイスを使った料理が多いです。島国が多いアジアでは、インドネシアやマレーシアなど、海産物が豊富な熱帯地域もあります。そういう地域ごとにまったく違った食文化があるのが、アジアの特徴です。

それらのアジア料理の種類や特徴を把握し、基礎から応用まで知識を持っている方に最適なのがアジア料理インストラクターなのです。地域ごとの料理の種類や特徴はもちろん、作り方やレシピに関しても知っておくことが必要となります。また、利用する調理道具や調味料、盛り付け方、食べ方などに関しても知っておく必要があるのです。

資格自体の難易度は簡単ではないものの、取得すればインストラクターとして活躍することが可能となります。アジア料理の素晴らしさを伝えるのはもちろん、教室を開いて料理自体の知識を教えてあげるというのも良いでしょう。アジア料理に精通していることが証明できるので、自身でアジア料理店を経営したり、アジア料理店で働いたりすることも可能です。

料理系の資格は、取得するだけでも知識の証明になります。その他、料理はスキルやテクニックも必要となるので、その点も磨いておくと良いかもしれません。資格としては人気の部類なので、ぜひ積極的に挑戦してみてください。
エスニック料理資格 エスニック料理資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です