インド料理資格人気ランキング

インド

SHARE

インド料理資格人気ランキング

インド料理はふんだんに使ったスパイスが特徴で、料理の幅もとても広いです。それらに関する資格も多々登場しているので、まずは人気ランキングを見てみてください。取得したいと思った方は、積極的に挑戦してみることをおすすめします。

1位:インド料理ソムリエ

インド料理と聞いて、まずイメージするのはカレーなどのスパイスが使われた料理なのではないでしょうか。インドは昔からスパイスを使った料理が多く、それが現代にも反映されています。それらのインド料理について、深い知識を有している方を認定する資格、それがインド料理ソムリエです。ソムリエしかくということで、より高いスキルと知識が身に付いていることの証明にもなります。

実際にインド料理の作り方やレシピはもちろん、使われている食材やスパイスなどに関しても知っておくことが必要となります。インド料理に使われるスパイスとして多いのは、カルダモンやアジョアン、フェンネル、アニスなどです。それらのスパイスについて知ることは、インド料理を深く知ることに繋がっていくでしょう。

また、食材に関しても肉類や魚類だけではなく、インドでは米や豆、小麦、野菜、果物、乳製品、発酵食品を使ったものも多いです。インド料理だからこそ見えてくるものも多いため、それらの知識を有していることの証明は重要となるでしょう。この資格を取得すれば、インド料理ソムリエとして教室を開いたり、店にアドバイスしたり、自分で誰かに伝えたりすることもできます。

2位:インド食文化インストラクター

インド食文化インストラクターは、インドの食文化について深い知識を持っている方を認定するための資格です。インストラクター資格となるため、誰かにその知識を伝えたい方や人に教えたい方に最適な資格と言えるでしょう。実際にインド料理店で働く人はもちろん、各飲食業界で働く人にも人気の資格となっています。

インドの食文化は、多くのスパイスが登場します。スパイスを語らなくては、インド料理を語ることができません。それらのスパイスの種類や味、効果や効能などについて知ることが重要です。ただ、インドの食文化はスパイスだけではなく、各種食材も意外と豊富です。それらの基礎的な知識から応用的な知識まで必要となってきます。

取得自体は簡単とは言いませんが、しっかり勉強すれば取得も可能です。この資格を取得できれば、よりインド料理について詳しくなれるのはもちろん、インドの文化や歴史そのものを知ることにも繋がっていきます。インド料理のインストラクターとして働きたい方などは、ぜひ取得すべき資格だと言える資格です。

スパイスをマスターすれば、他の料理にも活用していくことができるので、より幅が広がっていくのではないでしょうか。

3位:カレーマイスター

インド料理の定番と言えば、カレーです。しかし、インドのカレーはそれぞれの家庭ごとに違いがあり、実はカレーと言ってもかなり豊富な種類があります。スパイスの使い方でまったく違ったものに変化するのも、インドカレーの特徴です。カレーマイスター資格では、そんなインドのカレーはもちろんですが、世界中のカレーについて知識を持っている方が認定される資格となっています。

カレーを多く食べるインドだけではなく、アジアはもちろん、アフリカなど比較的スパイスを使った料理が多いところについて知識を深めていくことが必要です。カレーに正解というのがないため、実際に世界中でカレーが食べられています。しかし、その違いについて知ることができれば、よりこの食文化についても深く知ることができるでしょう。

カレーの作り方はもちろん、食べ方や美味しくなる方法などはもちろん、使われる食材や具材についても知識が必要となってきます。資格を取得した後は、飲食業界で活躍することができるでしょう。ぜひ、取得してみてください。
インド料理資格 インド料理資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です