イタリア料理資格人気ランキング

イタリアン

SHARE

イタリア料理資格人気ランキング

イタリア料理は世界各国で人気を集める料理で、世界三大料理の1つとしても知られている料理です。もともとはイタリアを含まず、中国料理とフランス料理、トルコ料理などが含まれていたことが多いですが、近年はイタリアンこそが人気だという意見も多いです。それに関する資格も当然人気を集めています。ここでは人気のイタリアン資格について紹介します。

1位:イタリア料理ソムリエ

イタリア料理ソムリエは、簡単に言うとイタリアンに精通している方が取得できる資格です。イタリアンとは言っても、使われるチーズやオリーブ、野菜に果物、肉類や魚類などとても豊富となっています。それらを伝統的な調理法や製法で作ることはもちろん、種類や特徴についても知っておくことが必要となるのです。それらの知識を持っていることの証明のなるのが、イタリア料理ソムリエです。

食材の保存方法から管理方法、調理方法までを網羅しておくことが重要と言えるでしょう。また、イタリア料理の場合は、地域によって食文化が異なります。北部と南部でも違うので、その繊細な違いについても知っておくことが重要となるでしょう。

また、伝統を重んじる国でもあるので、昔ながらのイタリアンと今のイタリアンの違いなども知っておくことが必要です。それらの知識の証明として活用できるのが、イタリア料理ソムリエだと言えるでしょう。

2位:イタリアンコーディネーター

イタリアンコーディネーターは、近年取得者が増加傾向にある資格です。実際にイタリアンについての基礎から応用まで知識を有していることの証明になる資格でもあります。使われている食材はもちろん、調味料などについても網羅していて、それらを料理に活かすことができることが可能となります。資格としては、料理人などが取得する他、料理店を経営する方が取得することも多いです。

コーディネーター資格ということもあって、実際に料理店や料理人にアドバイスをする立場になることもできます。資格を取得すれば、イタリアンの知識が豊富だということの証明にもなるので、その点は上手に活用してみると良いです。

もちろん、この資格があれば、自宅でイタリアンを作る際にも役立ちますし、イタリアンをより深く楽しむことにも繋がります。

3位:イタリアンマイスター

イタリアンマスターは、イタリア料理のイロハを知り尽くした方が認定される資格となっています。マスター資格ということで、必要な知識はイタリア料理だけではなく、チーズやオリーブの種類や特徴など、色々な食材についても知識が必要です。

当然ですが、イタリアンは地域によって特色のある料理が特徴なので、それらについても知識が必要となることは間違いないです。また、マスター資格の場合は、テーブルマナーやカトラリーのルールなどについても熟知していることが必要となります。

伝統を重んじるイタリアだからこそ、より正しく深い知識を持っていることが必要となるでしょう。

4位:イタリア料理研究家1級

イタリア料理について深い知識を持ちたいという方におすすめなのが、イタリア料理研究家1級です。この資格は、イタリア料理の歴史や文化について知ることができる資格で、もちろん独学で取得することは可能です。

実際に料理人が取得する場合が多い他、単純にイタリアンが好きという方が取得するということも多なっています。それ故、資格としての人気も高くなっています。イタリアンのことを愛しているという方は、イタリア料理研究家1級を取得してみてはいかがでしょうか。

5位:イタリア料理研究家3級

イタリア料理研究家3級は、イタリアンの基本的な知識を有している方を認定するための資格です。代表的なイタリアのピッツァやパスタなどについて知り、より深くイタリアンについて勉強するためのステップアップ資格でもあります。

豊富な知識を身に付けるというよりは、広く浅くイタリアンの知識を身に付けることができるので、これからイタリアンについて学びたい人の入門編だと言えるでしょう。もちろん、だからと言って勉強しないと取得はできないので、しっかりと勉強することが必要です。
イタリア料理資格 イタリア料理資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です