はちみつ資格人気ランキング

蜂蜜

SHARE

はちみつ資格人気ランキング

はちみつとは、昆虫の一種、ミツバチが採集して巣に持ち帰り、貯蔵した植物の花などの蜜の液体のことで、約80%の糖分と約20%の水分で構成される、自然界で最も甘い蜜です。植物に含まれる栄養素である、ビタミンとミネラルを微量に含み、蜜源となる植物次第で、色や味、香りも様々なバリエーションのある甘味料です。

1位:はちみつ美容ソムリエ

古代は自然に生息するミツバチの巣から直接採取していましたが、やがてミツバチを人口巣箱を使って飼育し、そこから効率的にはちみつを採取する方法が発明されました。世界のはちみつの生産量は年間120万トンで、甘味料としては非常に膨大な消費量があります。

なお花の蜜を採取するのは、ミツバチのメスだけです。ミツバチが採集する蜜自体は、季節によって成分が代わりますが、主な成分は、ビタミンの他に微量のミネラル、アミノ酸、有機酸、酵素などが含まれています。糖分の殆どは植物性のグルコースと果糖で、少量のオリゴ糖、 炭水化物の一種であるデキストリンも含まれています。

カロリーは卵の2.5倍、古代では薬用として様々な分野で応用されてきました。はちみつ美容ソムリエは、こうしたはちみつの美容効果、健康に寄与する使い方や、世界のはちみつの種類、採取される植物の種類や成分に関して、高い知識を持っているソムリエということになります。

2位:ハニーテイスティングアドバイザー

はちみつには、純度や精製方法によって様々な製品があるため、より純度の高いはちみつの見分け方や、非加熱はちみつの特徴、あるいは味の違いなどのテイスティングで、料理や美容食への応用を考える必要があります。風味もはちみつの原料である、植物の蜜ごとに違いがあり、それを比べて味の微妙な違いを判別できるのがハニーテイスティングアドバイザーです。

はちみつの種類は、ミツバチが採取する自然の花の種類で決まり、例えば東京都の都心部、銀座の建造物の屋上では、実際に養蜂を行いながら、はちみつを採取するなどが現在でも行われています。都内にある様々な自然、あるいは庭園の花から採取したはちみつなので、珍しさと独特の風味で非常に人気です。

またはちみつの利用は、そのまま食べる以外に、パンに塗ったり、あるいは煮物の砂糖代わりとして使ったり、ヘアケア、ボディケアなどにも使われます。

こうした味やはちみつの粘度、あるいは色や香りなどに精通し、はちみつの種類や産地にまで、はちみつの紹介や、選び方、応用方法などもハニーテイスティングアドバイザーは、熟知している必要があります。資格認定後は、はちみつの紹介、世界のはちみつの紹介や、セミナー、普及に貢献出来ます。

3位:はちみつマイスター

古代から薬としても利用されてきたはちみつは、単なる甘味料を超えて、今では様々な製品に応用されています。たとえばヘアケアではトリートメントの成分として使われたり、ハンドソープ、ボディクリームや、ヘアクリームへの応用、高カロリーではありますが、ショ糖に比べて、微量ながら栄養価もあり、はちみつの品質には、国際規格もあります。

またヨーロッパでは古くからはちみつを水に混ぜて発酵させたお酒さえ作られています。また古代ギリシャでは、炎症や潰瘍、吹き出物に効果があると賞賛され、薬用として日本に輸入されたのは奈良時代です。現在のはちみつは江戸時代に、オランダから伝わったのが初めとされています。

はちみつには、コレステロールを除去する作用があると言われており、健康的な食材として、現代でも認知されています。はちみつの化粧品利用は、古代エジプト、ギリシャの時代からで、現在では、はちみつパックとして、はちみつの糖分を効能をつかった、肌のキメを整えるための美容への応用も行われています。

はちみつマイスターは、こうしたはちみつの幅広い応用、はちみつ全般の総合知識を備えた、はちみつの専門家となります。はちみつのテイスティング、世界のはちみつや産地にも精通している必要があります。
はちみつ資格 はちみつ資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です