どの企業でも使われているマイクロソフトオフィスを使いこなす!MOSについて

shikakusyutoku

SHARE

どの企業でも使われているマイクロソフトオフィスを使いこなす!MOSについて

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、マイクロソフトオフィスのソフトの操作スキルなどを証明する資格です。多くの企業で使用されるWordやExcelなどのスキルを証明できるため、様々な企業への就職に役立ちます。

MOS 難易度・就職・仕事の内容・年収など

MOSはWordやExcelであれば学校などでも使用しますし、企業などでもしようされるため、パソコンを頻繁に使う人であれば難易度はそれほど高くはないのではないかと思います。

WordやExcelは主に事務作業で使用されるため、企業の事務員として就職する際に有効です。事務員として文書作成や表、グラフなどの作成などの資料作成に従事することがほとんどです。普通に資料を作成するだけでなく、様々な機能を使いこなすことで仕事を効率化することもできるため、スキルアップも求められます。

年収は平均すると300万円ほどになるようです。

MOS 受験資格・試験内容・合格基準など

MOSは受験資格が設けられていないため、年齢や学歴、国籍に関わらず受験が可能です。試験はマイクロソフトオフィスのソフトごとに分かれており、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの5種類です。また、WordとExcelに関しては、一般と上級に分かれています。

Wordの一般の試験内容は、文字サイズやフォントの変更、表の作成、印刷などの基本的な知識が問われます。上級の試験内容は、スタイル機能や索引作成、他のソフトからのデータ取り込みなどの、応用的な知識が問われます。

Excelの一般の試験内容は、数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成などの基本的な知識が問われます。そして上級の試験内容は、データ分析や条件付き書式、マクロの作成・編集といった応用的な知識が問われます。

MOS 通信講座ランキング

1位 ヒューマンアカデミー MOS2013 Word&Excel一般試験対策

ヒューマンアカデミーのMOS2013 Word&Excel一般試験対策は、MOS2013のWordとExcelを同時に学ぶことができます。合格保証サポートが付いているため、安心して学習することが可能です。

2位 資格の学校TAC MOS2013「Word・Excel2科目パック」

資格の学校TACのMOS2013「Word・Excel2科目パック」は、MOS2013のWordとExcelがパックになった講座です。講義映像も利用できるため、しっかりと知識を身につけることができます。

3位 資格の学校TAC MOS 2013「Word試験対策コース」

資格の学校TACのMOS 2013「Word試験対策コース」は、MOS2013のWordに特化した講座です。MOSのWordの一般試験の合格を目指すことができる内容になっています。

4位 資格の学校TAC MOS 2013「Excel試験対策コース」

資格の学校TACのMOS 2013「Excel試験対策コース」は、MOS2013のExcelの一般試験の合格を目指すことができる講座です。自宅にいながらしっかりと知識を身につけることができます。

5位 資格の学校TAC MOS 2010「Word・Excel2科目パック」

資格の学校TACのMOS 2010「Word・Excel2科目パック」は、MOS2010のWordとExcelを学ぶことができます。テキストだけでなく、映像教材により確実に操作方法などが身に付きます。

まとめ

マイクロソフトオフィスは、個人でも利用する場合が多く、幅広い企業でも利用されています。そのため、操作スキルなどを身につけておいて損はないのではないかと思います。また、ただ使いこなせるだけでなく、今回紹介したMOSを取得しておくことで、スキルを証明することができるので、取得をおすすめします。

最もおすすめなのは、MOSには受験資格がないため、学習しやすい学生のうちに取得しておき就職活動に備えるのが良いのではないかと思います。

しかし、マイクロソフトオフィスは頻繁にバージョンアップされていき、それに合わせてMOSも更新されていきますので、一度取得しても、常に新しいバージョンの知識やスキルを学ぶ姿勢が大切だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です