どこへ行っても役に立つ、簿記検定突破のための通信講座

shikakusyutoku

SHARE

どこへ行っても役に立つ、簿記検定突破のための通信講座

簿記検定とは

簿記は、日々の経営活動を記録、計算、整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能で、民間団体などが実施し、文部科学省や経済産業省などが認定する公的資格です。

企業の規模に関わらず関わりのある仕事なので、転職や就職の際に規模や業態問わず役に立つスキルです。企業の経営に関する会計の知識や、財政表を読む力、経営管理、分析力などが身に付きます。

4級は入門レベル、3級を持っていると大体「経営の基礎が分かっていて初歩的な事務作業ができる」程度になります。2級を取得すると企業の財務担当者としての知識がある程度となり、1級が取れれば税理士や公認会計士など国家資格への受験資格を得る事ができます。

簿記取得後の就職

coins-1015125_640

新卒で就職する場合、簿記を持っている事は就職に対してかなり大きなアドバンテージになります。ただ、これだけ持っていれば就職できる・独立開業できるという資格ではなく、企業内で活躍する事がメインとなるでしょう。

ただし、将来起業したいと考えている場合には簿記の勉強がどうしても必要になる事があります。簿記の資格だけで起業するというより、起業のための一つの武器として持っておくと有利になるものです。

受験資格・試験内容・合格基準

受験資格は特にないので、どなたでも受験が可能です。試験は年に三回行われているのでチャンスはやや多いと言えるでしょう。就職で有利になるのは2級くらいからなので、2級の合格は目指したい所です。合格率にはかなりばらつきがありますが、これは試験が絶対評価であるためです。基準点をクリアしなければ合格できませんが、逆にいえば周りと競う必要はないという事になります。

簿記取得を目指すための通信講座ランキング

1位 TAC

2位 資格の大原

3位 キャリアカレッジジャパン

1位 TAC

2.3級からスタートのコースから1級のコースまで、受験したい級に合わせて様々なクラスが開講されています。上級に挑戦したい場合まで同じスクールで学ぶ事が出来る点や、簿記とのダブルライセンスが強みとなるビジネス会計検定講座まで揃っているので、その道を極めたい方にもおすすめできます。

2位 資格の大原

全くの初学者向けに、簿記の仕組みから詳しい解説が準備されています。模試での当連や図解が充実しているので、イメージする力を付けながら簿記のスキルを上げる事が出来ます。こちらも1級までコースが開講されているので、より上位を目指す事も可能です。

3位 キャリアカレッジジャパン

初めてでも三ヶ月で合格を目指す事ができます。こちらは3級、2級の講座のみですが、就職の強みにしたいという場合であれば2級を取得出来れば十分有効なので、とにかく早く2級を取得したいという場合にはこちらがおすすめです。

まとめ

社会に出るまではほぼ気にせず生きている簿記試験の学習範囲ですが、いざ社会に出て働いてみるといろいろと複雑で何が何やらわからなくなってしまいそうなので、どこかで習っておきたいように思えます。

簿記は様々なビジネスシーンで役立つ知識になります。また、いくらあちこちを機械化したと思っても、どうしてもどこかで人の目が必要になる分野なので、需要も安定していると考えて良いでしょう。若い時に取っておけば良かったという話をよく聞く資格ですが、どの講座もまったくの初心者から無理なくスタートできるようになっているので遅過ぎるという事はありません。これから社会に出るという方や、経営に興味のある方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です