さらなる進化を遂げている!ゲーム・アニメについて

shikakusyutoku

SHARE

さらなる進化を遂げている!ゲーム・アニメについて

ゲーム・アニメ

日本の中でも非常に有名なゲームやアニメ。昔のゲームやアニメは2Dの平面のみで表現されていましたが、近年では一部を3Dで表現していたり、全てを3Dで制作したりと、非常に表現力が高くなっています。そのため、3Dを扱う人材も多く求められています。

ゲーム・アニメ 難易度・就職・仕事の内容・年収など

ゲームやアニメで使用する3Dは画像ではなく動きのあるものです。そのため、ただ3Dを使った画像を作成するより難易度は高いと言えます。また3DCGを制作するためのソフトも多数存在しますが、プロの3DCGデザイナーとして活躍するためには、独学で学ぶには厳しいようですので、通信講座などでしっかりと学習して知識や技術を身につける必要があります。

就職先として挙げられる企業は、ゲーム制作会社やアニメ制作会社が主です。ゲーム制作会社やアニメ制作会社に3DCGデザイナーとして就職し、3DCGモデルを制作していくことになります。ある程度の知識を身につけた後、ゲーム制作会社やアニメ制作会社に就職し、経験を積んでスキルアップをしていうというのが一般的の様です。

その場合の年収は、平均すると300万円から500万円ほどになります。

ゲーム・アニメ 受験資格・試験内容・合格基準など

ゲームやアニメで使用される3DCGに関する資格には、CGクリエイター検定というものがあります。CGの基礎や映像制作の基本、CG制作の手法などの知識が問われます。

試験はベーシックとエキスパートに分かれており、ともに受験資格は設けられていません。

ベーシックの試験内容は、CGの歴史と特性といったCGの基礎や3DCGを制作するうえで必要とされる基礎的な知識のほかに、知的財産権といった法律についての知識も問われます。

エキスパートの試験内容は、映像編集やモデリング、レイアウトなど、より専門的な知識が問われます。また、映像制作を支える技術として、機材、ソフトウェアについての知識なども問われます。

合格基準は、70%以上の得点で合格となります。

ゲーム・アニメ 通信講座ランキング

1位 デジハリ・オンラインスクール 3DCGベーシック講座

デジハリ・オンラインスクールの3DCGベーシック講座は、動画を通して3DCGを学ぶことができます。40時間に及ぶ講義動画は、自宅に居ながら本物の講義さながらに学習することができるため、初心者でも安心して学習できます。内容は、3DCG 制作のワークフローやMayaのインターフェースの解説、モデリングやマテリアル、アニメーションといった3DCG制作に必要なものとなっており、CGクリエイター検定の合格を目指せる内容となっています。

まとめ

ゲームやアニメは非常に人気のコンテンツであり、日本のみでなく海外でも有名です。そのため、ゲームやアニメに関わる仕事をしたいと考える人は非常に多いと思います。3DCGデザイナーは、そんなゲームやアニメに関わる仕事の中でも最も目立つ部分であり、花形ともいえます。非常に人気の職業ではないかと思います。

しかし、プロの3DCGデザイナーとして活躍していくには、しっかりと知識を身につけ、就職後もスキルアップしていく気持ちを持ち続けなければなりません。また、センスも必要になってくる職業なので、働いていく中でセンスも上げていく必要があります。

非常に苦労の多い職業だとは思いますが、それ以上にやりがいも感じられる職業ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です