お菓子資格人気ランキング

お菓子

お菓子作りって楽しい!手作りの出来立てのお菓子のおいしさは格別です。子供に手づくりのお菓子を食べさせてあげたい、添加物や悪いものを食べさせたくない、というママも多いです。お菓子を作ってみたいけれども、不器用だからうまくできなさそう…と言う方は基本からしっかりと学んでみてはどうでしょうか。

また、お菓子作りに慣れてきた方も、プロの技を習って、もっと本格的なお菓子が作れたら楽しいですよ。基本から応用までしっかりと学びたいなら、資格取得を目指して勉強してみるのも良いですね。ここではお菓子作りに関する資格を集めてみました。ランキング形式で紹介していきます。

1位:製菓アドバイザー

製菓アドバイザーとは、主に洋菓子について知識や技能を持ち、適切なアドバイスができることを証明する資格です。洋菓子に使われる材料や、それぞれの働き、お菓子として完成した時にどのように作用するかまでを理解する必要があります。世界各国にある代表的な洋菓子について、品名、どのようなお菓子であるのか、おいしさのポイントなどを理解し、適切な材料を選ぶことができます。

それらの材料を使って、レシピを考案、もしくは既存のレシピの通りに正しい手順でお菓子を作ることができます。お菓子作りの初心者はもちろん、もっとお菓子作りのレパートリーを増やしてみたい方にもおすすめです。資格取得後は、飲食店のアドバイザーや、自宅でスイーツサロンの開業など、幅広い分野で活躍することができます。

2位:お菓子作りインストラクター

お菓子作りインストラクターは、おいしいお菓子を作る手順やコツを習得し、適切な手法を使ってお菓子を作っていける技能を有していることを証明する資格です。資格取得後は、スイーツ作りの講師として、カルチャースクールや自宅での料理教室を開くことも可能です。

あるいは飲食店でお菓子作りのプロフェッショナルとして活躍することができます。スポンジが上手く膨らまない、さっくりとしたパイを作りたいといった、レシピ本を見ながら自己流で作っているだけではなかなか上達できないポイントもしっかりと学ぶことができます。

3位:スウィーツ・スペシャリスト

スウィーツ・スペシャリストは、お菓子作りの知識と技能が十分にあることを証明する資格です。専門家の指導のもと、初心者でも学んでいける専門の講座を受講します。生地やクリームなどの基本からしっかりと学んでいきます。専門家が監修していますので、基礎はもちろんのこと、一流パティシエだけが知るお菓子作りのコツを効率的に学んでいきます。

カスタードクリームをはじめとする、滑らかで口当たりの良い、生地との甘さのバランスまでを考慮したクリームの作り方もマスターできます。生地づくりからデコレーションまで学ぶことができますので、お菓子作りをトータル的に学んでみたい方にお勧めです。

4位:スイーツコンシェルジュ

スイーツコンシェルジュは、世界中に数多くあるスイーツ全般について、幅広い知識を持ち、適切なお菓子を選んで提案していけることを証明する資格です。洋菓子だけではなく、和菓子や、中東、アジアにもたくさんの美味しいスイーツがあります。卵や乳製品の他にも、スパイスや粉類の知識を持ち、組み合わせることによる相乗効果などを理解する必要があります。資格取得後は、飲食店のアドバイザーや、おうちサロンなどの開設ができます。

5位:菓子製造技能士

菓子製造技能士は、お菓子を作る技術が十分にあることを、国の技能検定制度として認定する資格です。洋菓子部門と和菓子部門に分かれていて、1級と2級があります。原則として、お菓子製造にかかわる実務経験が必要になります。お菓子作りのプロの中で、国がその腕や才能を認めたことになります。筆記試験だけではなく、実技試験もあります。洋菓子1級では、2種類のボンボンショコラの作成などの問題が出題されました。

6位:製菓衛生師

製菓衛生師は、昭和41年に制定された「製菓衛生師法」に基づく国家資格です。名称独占資格ですので、資格を持っていない人は製菓衛生師と名乗ってはいけません。安全に衛生的にお菓子を作るための知識を持っていることを証明する資格です。お菓子の衛生に関する法律や、公衆衛生学などの知識が必要になります。
お菓子資格 お菓子資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です