POP広告・デザイン資格ランキング

POP

SHARE

POP広告・デザイン資格ランキング

お店で商品のそばでよく見かけるPOPですが、とてもセンスがよくてキラリと光っているPOPを見かけると、ついつい目が止まってしまいます。皆さんはそんな経験ありませんか?POPは商品の売り上げにも影響する重要な広告の一つです。このPOP広告をプロフェッショナルな目線で作れるようになれる資格があります。おすすめ順にピックアップしてみましたので紹介したいと思います!

1位…POPデザイナー

デザイナーとして、デザインに対する一定水準以上の知識を持ち、クライアントの希望に応じたレイアウトや配色をPOP広告で表現できる者に与えられる資格です。購買意欲が沸くような、人々の心に強くアピールできるデザインを考慮できるようになります。こちらは、日本デザインプランナー協会が管理している資格で、認定試験に合格するか、通信講座を修了すれば資格を取得する事が出来ます。広告業界やPOPを活かせる職種を目指す時に武器になる資格です!在宅で受ける事ができるので、忙しくて時間の合間に資格取得を目指したい人にもオススメです。
POPデザイナー資格はここ

2位…POPライターインストラクター

POPのデザインをビジネスデザインとして捉え、より効果的な広告デザインを提案できるノウハウを習得できる資格になります。POPに効果的なキャッチコピーや配色、レイアウトを演出するためのノウハウが身につきます。広告業界やデザイン業界への就職のほか、自身でカルチャースクールを開き、インストラクターとして活躍する道も開けます!日本インストラクター協会主催の試験と、通信講座を受ける方法の2種類が用意されており、どちらの方法でも資格を取る事が可能です。詳しくは日本インストラクター協会のホームページで確認して下さい。
POPライターインストラクター資格はここ

3位…POP広告クリエーター

広告による販売促進の基礎を熟知し、POP広告の作成方法から応用技術までをマスターしている者に送られる資格になります。資格を取るには、公開経営指導協会が主催する学科試験と実技試験を受け、合格する必要があります。試験は年2回の実施で、日時や試験会場も決まっていますので、事前に確認し、スケジュールを調整する必要があるので、その点を注意する必要があります。

4位…コトPOPマイスター検定

コトPOPの基礎から学び、コトPOPの実践方法やコンプライアンス、広告のノウハウを得ることの出来る資格になります。こちらの検定は初級、中級、上級に分かれており、中級までは試験を受ける事で各認定証を受け取る事が可能です。上級についてはコトPOPマイスター認定講座を受講する必要があります。詳しくは日本コトPOPマイスター協会のホームページを確認して下さい。

まとめ

POP広告に関連した資格を一通り紹介してみましたが、いかがでしたか?
POP広告を作れる事は、あなたの特技として、今後の武器になるはずです。なぜなら、POP作りをプロフェッショナルな知識を持って作成できる人は多くはないからです。ご紹介したどの資格も、POP広告を作るためのノウハウが学べますが、資格によっては在宅受験が可能なものから、会場での受験が必要なものや、何段階かに分かれている資格もありますので、自分が一番学びやすいスタイルの資格を選ぶ事が大切です。気になった資格はとことんチェックしてみて下さい!
pop  pop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です