Javaプログラミング能力検定

shikakusyutoku

SHARE

Javaプログラミング能力検定

Javaとは、プログラミング言語のことであり、その実行環境や開発環境のことを言います。Javaプログラミング能力検定とは、Javaに関する基礎知識を有しアプレット・アプリケーションプログラムを作成する際の技術と能力を認定する試験のことです。主に通信会社やWebコンテンツ作成会社・アミューズメント関連企業で様々な表現が行使されている現在で、Javaの技術は重要視されています。ですが近年、Javaプログラマーの数が減少しているため、Javaを使いこなせるプログラマーの採用は積極的に行われています。就職の際にJAVAプログラミング能力検定での実績は有効ですが、ある程度の実務経験が必要となってきます。


■試験概要■

1級・2級・3級とあり、すべて資格不問です。1級のみ実技試験になります。累計合格率は約60%。1級に関してはやや難易度が高いでしょう。試験は3級が年3回。2級が年2回。1級が年1回となっており、受験地は札幌・東京・名古屋・大阪・福島です。受験料は1級7600円。2級6200円。3級5100円です。

出題内容はJavaの基礎・演算子・クラスライブラリ・パッケージ・アプレット・変数とメソッド・総称・制御文・などが挙げられ、1級の実技に於いては課題についてのプログラム作成が出題されます。

■おすすめ テキスト ランキング■

1位・・・インプレス スッキリわかるJava入門 第2版(スッキリシリーズ)

Javaの基礎から応用までの「なぜ」「どうして?」に答える大人気Java入門書の第二版。300点の豊富なイラストとともに楽しく・詳しく・スッキリとJavaをマスターできる内容となっています。

2位・・・マイナビ出版 ちゃんと使える力を身に付ける Javaプログラミング入門

Java8対応。NetBeansをつかって、短いプログラミングをしながらJavaの基本を学びます。型・オブジェクト・クラス・継承など、Javaを理解するうえで重要な概念を実例や多くの図解を用いながら丁寧に説明します。

3位・・・SBクリエイティブ Java言語プログラミングレッスン 第3版 Java言語を始めよう

最も分りやすいJava言語入門書として多くの技術者から支持されています。読みにくいなじみの無い用語にはルビがふってあり初心者には嬉しい構成となっています。Java言語の基礎を学ぶのにちょうど良い1冊です。


まとめ

平均年収は男性が400万円、女性が350万円です。Javaプログラミング能力検定資格だけでは就職や転職に有利とは言えません。合わせてWeb検定・SunJava・Sertification・UMPTモデリング技能認定などを取得し、履歴書に添えると良いかもしれません。実務経験が無い場合は、最低JAVAプログラミング能力検定2級以上取得とSJCなどの資格とあわせ持って面接に臨みましょう。Javaは独学に於いて少々無理があると言う方も中にはいるようですが、そんなことはありません。テキスト学習で2級取得された方も居ますので、プログラマーとしてのスキルアップ・年収アップのためにも、ぜひチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です