紅茶の資格ランキング

紅茶

紅茶は同じ茶葉でも、淹れ方次第で、味に差が生まれるもの。どうせ飲むなら、美味しいに越したことはありませんよね!自宅で飲む紅茶をお店並みにしたい!そんな人におすすめの資格があります。もちろん、ティーオーナーを目指す人に向けた本格的な資格でもあるので、しっかり紅茶の勉強をしたい人にもおすすめですよ!

1位…紅茶アドバイザー

日本安全食料料理協会が管理する資格です。美味しい紅茶の淹れ方はもちろん、カップ&ソーサーやオリジナルブレンドの仕方まで、あらゆる紅茶の知識を学べます!この資格を持てば、自宅で紅茶のカルチャースクールを開く事もできますので、「手に職」も実現してしまいますね!紅茶アドバイザーは、在宅試験の他に、通信講座を受ける事でも資格取得が可能です。通信講座は最短2ヶ月で終了します。紅茶アドバイザー資格はここ

2位…紅茶マイスター

紅茶マイスターは、現在すでに紅茶に関連する仕事をしている人や紅茶オーナーを目指している人にも最適な資格です。紅茶オーナーになるために必要なノウハウや、実務により活かせる技能を学ぶ事ができます。この資格を得るためには、認定試験に合格するか、講座を受講し卒業課題をクリアする必要があります。どちらの方法も自宅で受ける事が可能なので、忙しい人にも安心ですね。日本安全食料料理協会の管轄する資格です。紅茶マイスター資格はここ

3位…ティーインストラクター

紅茶の美味しい淹れ方や紅茶の基礎が学べるので、将来紅茶のカルチャー教室を始めたいと考えている人に最適の資格になります。ただし、資格を取るために必要な研修講座は開講期間中は、毎週東京でありますので、その条件をクリアできる人向けの資格になります。研修期間は毎年4月から12月のようです。詳しくは日本ティーインストラクター協会のホームページで確認して下さい。

4位…紅茶コーディネーター

紅茶の淹れ方や紅茶のバリエーションの増やし方、ティーパーティーの演出方法までトータルで学べる資格となります。
紅茶コーディネーターの資格取得は受験ではなく、通信教育を受け、レポート課題の提出を定期的に行う形になります。このレポート課題の提出は、全て終了するまでおよそ9ヶ月かかるそうです。日本創芸教育が管理している資格になります。

5位…ティーコーディネーター

紅茶の基礎知識から専門知識までを修得した人に送られる資格になります。
ティーコーディネーターは、ステップが2段階に分かれているのが特徴です。まず、ベーシッククラスの受講を4回受け、サーティフィケートクラスの受講に進みます。こちらで必要単位を修得することで、資格を得る事が出来ます。講座は指定の教室で開かれますので、主催のサー・トーマス・リプトン ティーハウス ギンザのホームページをチェックしてみて下さいね。

6位…ティースペシャリスト

紅茶の産地や種類の知識をはじめとし、美味しい淹れ方やバリエーションを増やし、様々な種類の紅茶を提案できる知識が身につく資格です。この資格は管轄している日本能力開発推進協会が認定するカリキュラムを全て修了すると、試験を受ける資格ができます。詳しくは同協会のホームページ上で確認下さい。

まとめ

いかがでしたか?紅茶の資格と一言にいっても、色々な資格があります。学べる範囲や、資格取得に必要な条件・期間を比較してみて、どの資格が自分に合っているか、検討してみて下さいね!
紅茶  紅茶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です