空間デザイン資格ランキング

空間デザイン

SHARE

空間デザイン資格ランキング

空間デザインと聞いてもピンと来ない人もいらっしゃるかもしれません。空間デザインとは、限りある空間の中で最良のディスプレイや設計を行い、空間を演出する技術をさします。例えば店頭のディスプレイが凝っていて、思わず店内に入ってしまった経験もあるかと思います。それが空間デザインの魅力です。そんな空間デザインのスキルが身につけられる資格を、今回はご紹介したいと思います。

1位…空間ディスプレイデザイナー

店舗や施設のロータリー、ホテルのロビーや企業のオフィス内装に至るまで、様々な場所や状況に合わせた空間デザインを習得できる資格です!限られた面積の中で、色彩や照明、陳列、レイアウトに最適な演出を加えられるスキルが身につけられます。ディスプレイデザインは、季節やイベント毎にリニューアルするところも多いので、常に需要のある仕事です。空間ディスプレイデザイナーは、日本デザインプランナー協会が管理する資格で、認定試験を受けるか、通信講座を受講する事で資格を取得できます。
インテリアや小売業界他、ディスプレイが必要な業界全般で役立つ資格ながら、在宅試験や自宅学習で資格が取れるので、忙しい人にもオススメです!
空間ディスプレイデザイナー資格はここ

2位…住空間収納プランナー

住空間収納プランナーとしての基本から応用までを深く理解し、実践するための能力を持つ者に与えられる資格です。空間ディスプレイの中でも収納に焦点をおいた資格であるのが特徴です。
この資格は、ベーシック、エキスパート、マスターと3段階に分かれた認定試験が用意されています。ベーシックの認定試験は誰でも受験できますが、エキスパート以降は一つ下のクラスの試験に合格している事と、主催の日本収納プランナー協会の会員になっている事が前提条件になります。

3位…TALK食空間コーディネーター

食空間コーディネート協会が管理する資格になります。主にホテルや飲食店等のテーブルディスプレイを中心に空間をコーディネートする技術を身につけられます。ですので、ホテルのレストランや宴会場、各種飲食業界を目指す人にオススメの資格になります。TALK食空間コーディネーターは、現在3級と2級の資格認定試験があり、2級を受けるには、3級を合格する必要があります。1級については現在設計中との事なので、詳しくは同協会のホームページを確認して下さい。

4位…空間プランナー

インテリア業界に関連した商品から販売までの基礎知識、室内環境の計画やコンサルティングの知識を習得できる資格になります。日本能力開発推進協会が指定する教育機関のカリキュラムを受け、合格基準に達する事で、資格を取得できます。指定の教育機関がどの場所にあるのかを、あらかじめ確認しておく事をオススメします。

まとめ

空間デザインの資格をオススメランキングで紹介しましたが、いかがでしたか?専門的な資格ですので、就職活動のPR材料にも使えますし、カルチャースクールの講師として活動する道も開けます。
ただし、資格によっては、指定のカリキュラムを受けなければならないものや、試験会場が決まっているもの、会員にならなければ認定試験を受けられないもの等もありますので、事前に下調べをする事をオススメします。
空間  空間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です