有望資格ランキング

shikakusyutoku

有望な資格と一言にいっても色々あると思いますが、やはり仕事に繋がりやすかったり、就職活動でほかの志望者よりも有利に立てるようなスキルを磨ける資格は、有望な資格といえます。そこで、前途に当てはまるような資格をピックアップしてみましたので、ご紹介したいと思います。

1位…機械・設備・電気CADインストラクター

CADとは、コンピューターを使って様々な設計図や、3Dのデータを製作できるツールです。その中でも機械・設備・電気の分野で即戦力になる技術を習得できるのが、こちらの資格です。通信講座から資格を取得する方法を選んだ場合は、プロが現場で実際に使っている電気工事の図面や、機械部品詳細図、ダクトガス設備図等を使用して実践の練習ができるので、実践レベルのスキルが身につきます。また、通信講座を無事修了し、機械・設備・電気CADインストラクターの資格取得後は、特定の建築設計会社の外注協力者として登録でき、仕事を受けやすくなるメリットもあります。

2位…コーヒーソムリエ

将来自分でコーヒーショップを営みたい人に最適な資格です。コーヒーオーナーとしての経営のノウハウや、コーヒー業界の情報、美味しいコーヒーの淹れ方やラテアートの作り方まで、コーヒーショップを始めるのに役立つ知識を幅広く身につける事が可能です。他のカフェや喫茶店と差別化するためのノウハウを勉強できるので、自分のお店を発展させるためのヒントも多く学べるかと思います。こちらの資格は、すでにコーヒーショップで働いている人にもオススメです。

3位…メディカルハーブカウンセラー

カモミールやローズマリー、ラベンダーにセージ等、ハーブを医療として取り入れる方法を習得できる資格になります。ハーブが持つデトックス効果やリラックス効果を、相談者の悩みに合わせて提案したり、ハーブティーや料理に上手に取り入れる方法をアドバイスできるようになります。ハーブを取り入れた健康法に興味のある人も少なくありませんので、資格取得後は、メディカルハーブ専門のカウンセラーとして活動・講師活動を行うといった道も開けます。オーガニックレストランや健康食品のメーカーへの就職にも武器になりそうな資格です。

4位…音楽療法インストラクター

音楽をメンタルヘルスのケアの一つとして取り入れ、相談者に提案する専門資格になります。音楽が持つ心理的な効果を深く理解し、その人その人に合わせた最適なサポートを行えるようになります。音楽療法インストラクターは、医療・企業・学校・福祉等、カウンセリングを必要とする様々な現場で活用できる資格です。

5位…建築CADインストラクター

建築業界の現場で通用する、実践レベルのCAD技術が身につく資格です。建築業界では、CADが使える人材を常に募集している状況ですので、資格を取れば就職がかなり有利になります。基本操作までしか習えないカルチャースクールが多い中、この資格は実践で通用するスキルを身につけられます。

まとめ

有望資格ランキング、いかがでしたか?やはり、仕事や就職に繋がりやすいスキルが身につけられる資格は取っておいて損はないと思います。資格探しの参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です