子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

SHARE

子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

心理学の知識はあらゆる仕事や家庭での教育に役立ち、ときには自分の将来を大きく変えるきっかけにもなります。
特に子どもに関する心理学は今、教育現場や子育てにおいて重要なものとなりつつあるため、専用の資格の取得や学習が盛んになっているのです。

今回はそんな専門知識を身につけた証拠となる「子供心理学」と「チャイルド心理」についての資格をチェックし、そのメリットと実用性に迫っていきます。
大学で学ぶ以外にも資格への道はあるので、心理学に興味があるのなら実用性に期待できる専門資格の取得を目指していきましょう。

1位 子ども心理インストラクター

子どもの心理的な発達を助け、家庭や学校との生活をサポートする知識に興味があるのなら、「子ども心理インストラクター」の資格取得がおすすめされます。
仕草や行動から見られる心の動きや、そこに隠されている意味を読み取る力が資格の取得に求められるため、学習の過程で深く子どもの心理に接するスキルを得られるでしょう。

また子どもへの接し方や上手なコミュニケーションに悩んでいる両親に対して、適切な関わり方をアドバイスする能力も身につきます。
子どもは成長の過程において、胎児期・乳児期・幼児期・学童期・思春期といったさまざまな段階にステップアップしていくものです。
そこでは常に別々の対応が求められるため、多くの家庭が悩み、ときには大きなストレスを感じる原因となってしまいます。
そんな育児における問題をサポートできるのが、子ども心理インストラクターなのです。
心理学を活かしたカウンセリンケアなどを通して、子育てに悩む人々への有益な情報提供ができるようになるので、資格取得をきっかけに子どもを持つ家庭を支える重要な存在になれることでしょう。

子ども心理インストラクターの資格を取得すると、子育てや家庭の教育環境をサポートするカウンセラー、アドバイザー、セラピスト、インストラクターといった特別なスキルを求められる仕事への就職が可能となります。
心理学を趣味ではなく、実際の仕事の現場で活かしたいのなら、子ども心理インストラクターを名乗るための学習がおすすめされるでしょう。
学童保育や児童福祉施設、その他あらゆる現場に人手が求められているので、有資格者となれば就職に対するアドバンテージを持つことができるのです。

子ども心理インストラクターは「日本インストラクター技術協会(JIA)」が認定する資格であり、インターネットからの申し込みと在宅による通信受験が可能となっています。
特別な受験資格は存在せず、確かな知識と能力さえ養えるのであれば、誰でも取得を目指せる資格となっているのです。
「自分の経験した子育てのことを、誰かに伝えて役立てたい」「心理学を学びながら、子どもたちの成長を手助けしたい」
そんな意志があるのなら、2ヶ月ごとに行われている資格試験への勉強を今日からでも始めてみましょう。

参考:https://www.jpinstructor.org/shikaku/childshinri/

2位 チャイルド心理ヘルスカウンセラー

「チャイルド心理ヘルスカウンセラー」は、子どもの心がどのように成長し、周囲からどのような影響を受けるのかを専門的な知識として把握している人に与えらえる資格です。
どうして子どもがその行動を起こしたのか、何を考えて何を求めているのか、そういったことを具体的な知識を使って推察する能力が、資格取得の学習過程から得られるでしょう。
まだ上手に自分の意思を伝えられない、言語化できないといった悩める子どもたちに手を差し伸べるカウンセラーに興味があるのなら、情報を集めて心理学の学習に挑戦してみてください。

さらに「大人の言動や周囲の環境が子どもの心理にどんな影響を及ぼすのか」といった内容にも踏み込んでいくため、学習の結果が最適な育児環境を作りだすきっかけになるかもしれません。
子どもの反抗期や常習化した喧嘩などに困っているのなら、心理学を用いたチャイルド心理ヘルスカウンセラーの資格を理由に、改善のための手立てを考えていくこともできるでしょう。
教育方法に悩んでいる人や、子どもとの関係性を見直したい人にとっても、チャイルド心理ヘルスカウンセラーは有益な資格となり得るのです。

チャイルド心理ヘルスカウンセラーの資格取得は、その名称が示す通りカウンセラーとしての就職に役立ちます。
カウンセラーといっても活躍の場は多々あり、学校や児童相談所、その他子育てに関するあらゆる施設が専門知識を持つ人材を待っているのです。
今の社会において子供心理学に詳しい人はなくてはならない存在なので、資格の取得がそのまま将来の就職を決める可能性もあるでしょう。

「日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)」が行う通信受験に合格すれば、誰でもチャイルド心理ヘルスカウンセラーの資格を取得することができます。
大学卒業や心理学の学科を履修するといった受験資格は特になく、知識とやる気さえあれば挑戦することが可能です。
カウンセラーやアドバイザーとして働くビジョンがあるのなら、まずはインターネットからの申し込みを行っていきましょう。

参考:https://www.domap.net/test/childshinri/

3位 チャイルドカウンセラー

子どもたちの生きる社会には、校内暴力やいじめなどの問題が数多く蔓延しています。
そういった苦しみに対して心理学の専門知識で援助をする能力は、「チャイルドカウンセラー」の資格から学んでいくことができるでしょう。
子育てや教育に必要とされるサポートを社会的な観点から考え、そして実践していくスキルが得られるので、子どものための心理カウンセラーやセラピストとしての活躍が見込まれます。

チャイルドカウンセリングの役割と理念、現代社会における子供の問題行動といったことを履修し、「日本能力開発推進協会 (JADP)」が認定している教育機関で必要な全カリキュラムを修了することで試験に申し込むことができます。(認定講座はhttps://www.c-c-j.com/courses/psychology/counseling_child/)
在宅のまま通信教育&受験が可能なので、家事や育児をしながらの資格取得も難しくはないでしょう。

参考:https://www.jadp-society.or.jp/course/child/

4位 チャイルドマインダー

家庭保育のスペシャリストとして、子どもたちへの教育や育児をサポートする「チャイルドマインダー」という仕事にも、今大きな注目が集まっています。
専門の資格取得後は保育所や各家庭で児童へのサポートを行ったり、開業して自分の家での在宅保育を始めたりすることができるでしょう。
幼稚園や保育園への入園が難しくなっている昨今、チャイルドマインダーの資格はより重要なものとして認知されていくと予想できますね。

基本的にチャイルドマインダーの資格は、認定されている通信講座での履修が取得の条件となっています。
チャイルドマインダーの本場であるイギリスで歴史を持つ「NCMA,Japan」や、日本チャイルドマインディング&エデュケア協会(ACE)が認定している「ヒューマンアカデミー」の養成講座などが資格取得のための候補となるでしょう。

参考
NCMA,Japan:http://www.hoiku.co.jp/lp/
ヒューマンアカデミー:http://haa.athuman.com/academy/child/

5位 児童心理司

心理学に関する知識によって子どもや保護者のメンタルケアと診断行う「児童心理司」も、子供心理学の能力を活かした任用資格となっています。
教育が上手くいっていない家庭や、問題行動のある児童をカウンセリングする存在として、今後児童心理司は大切な職業のひとつとなっていくでしょう。

児童心理司は公務員試験に合格し、なおかつ児童福祉法による「任用資格要件」をクリアすることが条件となっている特殊な職業です。
『大学において心理学を専修する学科又はこれに相当する課程を修めて卒業した者又は これに準ずる資格を有する者』が必要なので、その点はあらかじめチェックしておきましょう。
(https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000104546.pdfの19ページより引用)

参考:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000104546.pdf
https://successbeginstoday.org/jidoushinri

6位 育児セラピスト

子育ての現場で活躍できる「育児の専門家」であることを証明する「育児セラピスト」も、子供心理学に関係する資格となっています。
資格取得を目指せば発達心理学から得た育児スキルと、子育てによって疲弊した両親の心をケアするサポート能力が身につくので、子どものためになる仕事に就くことができるでしょう。

育児セラピストの資格を取得するには、「日本アタッチメント育児協会」が認定する前期課程・後期課程・シニアマスター養成といった3つの講座を入り口とすることができます。
前期課程は資格取得のための試験がないので、育児セラピストの基本を学ぶためにも1度はチェックしてみるのがおすすめです。

参考:https://www.naik.jp/itherapist/

<まとめ>

子供心理学やチャイルド心理学に関係する資格はたくさんあり、そのどれもが自分自身の成長と将来の就職に良い影響を与えてくれます。
特に1位の「子ども心理インストラクター」と2位の「チャイルド心理ヘルスカウンセラー」は、その実用性と将来性から多くの人におすすめできる資格です。
「諒設計アーキテクトラーニング」の「子ども心理インストラクターW資格取得講座」などで通信教育から適切に学んでいくことができるので、興味のある人はこの機に資格取得のための行動を起こしていきましょう。

諒設計アーキテクトラーニングの参考:https://www.designlearn.co.jp/childshinri/
子供心理学 子供心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です