夫婦心理家族心理資格人気ランキング

夫婦心理家族心理資格人気ランキング

SHARE

夫婦心理家族心理資格人気ランキング

今の時代家庭環境や夫婦の関係に悩む人は多く、複雑化する社会においては「家族」という存在がひとつの課題となりつつあります。
だからこそ家庭が持つ悩みの間に立ち、心理学の適切な知識とスキルによって問題解決をサポートする専門資格は、今後も注目を集めることになるでしょう。
今回は家族心理や夫婦心理に関係する資格についてチェックし、そのメリットをランキング形式で紹介していきます。
家族に対する心理学的なアプローチに興味がある、既に有している心理学のスキルを家族のために役立てたい、そんな人はこの機に夫婦心理・家族心理の資格取得を検討してみましょう。

1位 夫婦心理カウンセラー

夫婦における問題や家族だからこそ発生する悩みに対して、心理学を使った形でアプローチする「夫婦心理カウンセラー」は、特におすすめできる専門資格となっています。
浮気、失業、離婚、DVなど、家庭で起こりうるあらゆる問題を想定し、そのすべてに適切なアドバイスをすることが求められるため、資格取得の学習が本格的なスキルにつながっていくでしょう。
夫婦心理カウンセラー資格の取得はカウンセリングに関する技術を向上させ、より良い関係を根本から構築し直すきっかけを与えることになります。
「自分の家庭・家族をサポートしたい」「困っている誰かのことを助けたい」そのどちらの理由にも応用できる資格なので、夫婦心理と家族心理に興味があるのなら要チェックとなるでしょう。

夫婦ならではの問題に対応する夫婦心理学と、家族全体の関係性に携わる家族心理学の両方にスポットを当てる資格であるため、取得後はあらゆる職場で活躍させることができます。
病院での心理カウンセラーはもちろん、支援施設や特定の現場でのアドバイザーとして働く道も考えられるので、就職の幅を広げることができるでしょう。
子どもに関する悩みも家族の問題に含まれるため、学校で保護者に対するカウンセリングを行う機会もあるかもしれません。
心理学の知識は多くの人のメンタルを救う可能性があるので、資格取得後はなるべくたくさんの求人をチェックするのがおすすめです。

夫婦心理カウンセラーの資格を取得するには、「日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)」が行う資格試験に合格する必要があります。
家にいながらの通信受験が可能なので、在宅だけで資格取得を目指せるのが特徴でしょう。
試験は2ヶ月に1度のペースで行われているため、自分の生活に合わせたタイミングを優先することができます。
夫婦心理学と家族心理学を本格的に学ぶなら、夫婦心理カウンセラー資格の取得を学習の目標としてみてはいかがでしょうか。

参考:https://www.domap.net/test/fufukazokushinri/

2位 家族心理カウンセラー

「家族心理カウンセラー」は、一生涯のパートナーを目指す夫婦と、ファミリーというひとつの共同体を心理学でサポートすることを目指す資格です。
それぞれの家庭のなかで巻き起こる問題や関係性を改善するには、正しい知識とアドバイスの技術が求められるため、専門家の存在が重要となります。
家族心理カウンセラーの資格取得にはそういった専門的な知識が必要なので、学習の成果をそのまま仕事のスキルとして身につけることができるでしょう。
今は順風満帆に見える家庭も、人生のターニングポイントである出産や子育て、その他パートナーの転職やメンタルの負担などが原因となって、いつ変貌を余儀なくされるかわかりません。
有資格者はそんな不安定な家庭を支える役割を担うことができるため、多くの場所で心理学を用いた活動を行うことができるでしょう。

具体的な解決方法や療法を求めている家庭に対してアドバイスをすることが可能となるので、資格取得後はカウンセラーやアドバイザーといった専門家への道が考えられます。
パートナー同士では解決できない問題でも、専門家が心理学という根拠を元にして話しをすれば、納得させられる可能性は高くなるでしょう。
そういった特別な立ち位置を活かすためにも、家族心理カウンセラーの資格を手に入れた際には、診療所や支援機関などの職場をチェックしてみてください。
またこちらの資格があれば講師活動を行うこともできるため、夫婦心理学や家族心理学の知識を広めていくことも可能です。
教える立場に興味がある人にも、メリットのある資格だといえるでしょう。

家族心理カウンセラーの資格は、「日本インストラクター技術協会(JIA)」が認定しています。
受験資格は特になく、誰でも通信による在宅受験が可能なので、仕事や家事をしながらでも資格取得を目指すことができるでしょう。
「一から心理学を学んで仕事がしたい」「家のことをしながらカウンセラーとして働いてみたい」そんな人にとってもかなり魅力的な資格だといえますね。

参考:https://www.jpinstructor.org/shikaku/kazokushinri/

3位 家族療法カウンセラー

家族全員を対象としたカウンセリングのプロフェッショナルとして認められる「家族療法カウンセラー」も、心理学に関係する人気資格です。
家庭環境が何に影響されていて、どのような解決策が必要なのか、そういったことを家族全体の様子から探る能力が求められます。
そのため資格取得のための学習を、より高度で実践的な心理学の知識を得るきっかけにすることもできるでしょう。
夫婦だけでなく、親と子どもの関係にも注目する必要があるため、広い範囲でのカウンセリング能力が必要です。
家族それぞれが抱えている悩みに近づけるように、資格勉強のときには実際にアドバイスをする姿をイメージしてみましょう。

家族療法カウンセラーの資格を取得するには、「日本能力開発推進協会 (JADP)」が認定する教育機関でカリキュラムを修了し、その後検定試験に申し込む必要があります。
カウンセラーの心構えや、問題を抱える家族への関わり方といった履修内容を学んで、試験のための知識を身につけることから始めてみましょう。
試験は在宅で行われるため、いつもの感覚で緊張せずに実力を発揮できますね。
(認定講座はhttps://www.c-c-j.com/courses/psychology/family/)

参考:https://www.jadp-society.or.jp/course/family/

4位 夫婦カウンセラー

夫婦間に訪れる離婚の危機を、カウンセリングや専門知識によってサポートすることを目指すのが「夫婦カウンセラー」という資格です。
当事者だけでは解決できない夫婦間のプライベートな問題にも踏み込み、より良い方法を提示することが仕事となるため、取得のためには夫婦心理学や家族心理学を学ぶ必要があるでしょう。
また夫婦カウンセラーの資格には離婚に関するあらゆる基礎知識が求められるので、法律を勉強する機会も出てきます。
心理的な療法だけでなく、より現実的な問題に知識を振り分ける必要があることも、しっかりと理解しておきましょう。

夫婦カウンセラーに興味があるのなら、「日本能力開発推進協会 (JADP)」が認定する教育機関でカリキュラムを学んでから、検定試験を受けてみましょう。
離婚の種類や、子どもと金銭的な問題などを履修することになるので、あらかじめ現代の離婚問題を自分なりにチェックしておくのもおすすめです。
在宅による試験に合格すれば夫婦カウンセラーとしての活動が可能となり、離婚に悩む多くの人たちにその知識を活かすことができるでしょう。
(認定講座はhttps://www.c-c-j.com/new_p/course/01_fufu/)

参考:https://www.jadp-society.or.jp/course/couple/

5位 家族相談士

家族が抱える問題に耳を傾け、アドバイスやサポートによる援助を行う「家族相談士」も、現代の家庭事情に求められる資格です。
教育機関や福祉機関などで活躍することが可能で、ときには講演やセミナーによる啓蒙活動も実施することができます。
健康な家族を作るという考え方に興味があるのなら、心理学の知識と共に資格取得のための学習も進めてみましょう。

家族相談士は「日本家族カウンセリング協会」と「日本家族心理学会」が協同で運営している資格制度で、専用の養成講座も開催されています。
長期間かつ通信講座ではないため環境によっては受講が難しいですが、じっくりと家族について学びたいのならチェックしてみましょう。

参考:http://www.j-f-c-a.org/lisence.html

<まとめ>

夫婦心理学と家族心理学の知識を利用した資格は、自身の家庭環境の改善や就職などに大いに役立ちます。
明確な目的があるのなら、資格取得のための勉強や講座の受講を検討してみましょう。
1位の「夫婦心理カウンセラー」と2位の「家族心理カウンセラー」の資格は特に実用性があり、今さまざまな場所で人気となっています。
「諒設計アーキテクトラーニング」なら「夫婦心理カウンセラーW資格取得講座」でこの2つの資格に関する知識を学べるので、同時期の取得も夢ではありません。
この機に講座を活用した学習を行って、ぜひ専門のカウンセラーやインストラクターとしての活躍を目指しましょう。

諒設計アーキテクトラーニング 参考:https://www.designlearn.co.jp/kazokushinri/
夫婦心理家族心理学 夫婦心理家族心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です