収納・片付け資格ランキング

収納

SHARE

収納・片付け資格ランキング

「片付けても片付けても、気がついたら部屋が散らかっている…」
「片付けたのに、なんだかゴチャゴチャして見えるせいで、パッと見が美しくない…」
そんな悩みを持った人はいませんか?物が多いお部屋でも、収納の仕方次第でスッキリ見せたり、部屋を広く見せる事が出来るんですよ!そんなお片づけ上手になれる、とっておきの収納系の資格をランキング形式でご紹介します!

1位…収納マイスター

部屋の整理整頓から収納術までを幅広く学べる、日本環境支援協会の資格になります。いわゆる収納の達人と呼ばれる人に送られる資格とも言えます!同じ間取りの部屋であっても、収納が上手いと体感的な広さが全然変わってきます。また、単に物をしまうのではなく、どこに何があるのかが、パッと見でも分かりやすくなっているのが上手い収納の仕方です。そういったテクニックもこの資格で学ぶ事が可能です!この資格は、日常生活でも活かせますし、資格を武器にインテリアや収納関連の仕事を目指すのもオススメです。定期的に在宅で受けられる試験が開催されている他に、通信講座を受けて資格取得を目指す事もできます。
収納マイスター資格はここ

2位…整理収納インストラクター

収納に関する深い知識を活かし、それぞれの住居や空間に最適な収納方法を、アドバイスできる者に送られる資格になります。どれだけ素晴らしい収納術でも、住まいにによっては実践できないような方法もあります。そういった、それぞれの家庭の事情や悩みに細やかに対応できるスキルが身につきます。こちらの資格を活かして収納術を指導するカルチャースクールを開く事も可能です。日本インストラクター協会主催の試験と、通信講座の2種類から、資格取得を目指す事ができます。どちらも在宅で受けられるので、忙しい人にも負担にならないのが利点です。整理収納インストラクター資格はここ

3位…整理収納アドバイザー

相談者に対し、収納術を的確にアドバイスができる能力を持つ者に送られる資格です。ただし、こちらの資格には3級から1級まで、3段階に分かれて構成されているので、複数回、試験を受ける事になります。整理収納アドバイザー1級を受けるには、2級の資格を有していなければなりません。1級を取得するにも段階が分かれているので、事前に確認をしましょう。
2日間の予備講座と、一次試験・二次試験を受ける必要があり、合格点を取ることで晴れて1級の整理収納アドバイザーになる事ができます。

4位…空間アドバイザー

空間を上手く活用した片付けのプロであり、同時に他者にアドバイスできる能力を持つ者に送られる資格になります。資格試験を受けるための資格が、少しユニークで、「自宅が片付いている事」が必須条件の一つになっています。つまり、自宅が綺麗に片付いた状態の写真を用意する必要があるのです。また、株式会社IN.THE.HOUSEの安東英子さん主催の「お片付け完全マスター」を受講済みである事が必須条件になっています。その後に自宅学習とセミナーの受講、最後に実技試験を受け、合格点に達していれば資格取得となります。

まとめ

片付け・収納術を活かした資格を紹介してきましたが、いかがでしたか?片付け上手になれば、自分自身のためにもなるので、あって損はない資格だと思います。
収納  収納

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です