儲かる資格ランキング

shikakusyutoku

資格を選ぶ際に条件として、あがりやすいのは、やはり儲かるかどうかという点ではないでしょうか?せっかく資格を取るために勉強するのであれば、高収入に繋がりやすいものを選びたいものです。そこで、儲かる資格をランキング形式でまとめてみましたので、ご紹介したいと思います!

1位…建築模型技工士インストラクター

建築の完成予想図である、建築模型を製作するスキルを習得できる資格になります。一つの建築模型の製作ギャラは平気して3〜10万円と高額なので、コンスタントに仕事をこなせばかなりの収入になります。更に、こちらの資格を通信講座から取得すると、仕事の依頼を受ける確率が上がります。建築模型の製作は在宅でできますので、在宅ワークを探している人にも最適な資格です。

2位…CADデザインマスター

実践でも通用するCADのデザイン技術を習得出来る資格になります。CADを基本操作だけではなく、実践レベルで使える人材を求める企業は多いので、とても重宝される資格です。多くのCAD系のカルチャースクールは、CADの基本までしか教えて貰えないところもあるようです。しかしCADデザインマスターの通信講座は基礎が学べるだけでなく、現場レベルの技術を身につける事が可能です。さらに、修了後は資格が貰えるだけでなく、設計事務所の外注協力者として登録できるため、すぐに仕事を受けるチャンスがあります。

3位…空間ディスプレイデザイナー

店頭の陳列や施設のロータリー・ロビー等のディスプレーをデザインする技術が習得出来る資格です。クライアントの希望に合わせて、最適の空間デザインを行うスキルが得られます。専門職として、インテリア業界や各種関連業界で仕事をする際に武器になります。クリスマスやバレンタイン等、イベントシーズンごとにディスプレー装飾は発注がありますので、年中安定した仕事を請けられる業界でもあります。

4位…風水セラピスト

風水は、度々テレビで取り上げられ、関心を持つ人が多いジャンルです。風水セラピストの資格を取れば、風水の専門知識を活かした仕事ができます。例えば、引っ越しや部屋の模様替えの際に風水を取り入れたいと思う人もいますので、そういった需要に上手く対応していければ、収入を増やす事も可能です。

5位…土木CADインストラクター

CADデザインマスターがどちらかと言えば、幅広く対応しやすい能力を育てる資格なのに対し、こちらは土木工事に必要な図面を製作したりと、土木業界に特化したCADの技術が身につけられる資格になります。その分、高度な専門性が必要とされる仕事にとても強いので、専門色で勝負するならこちらがおすすめです。また、一般職よりも給料面でも比較的優遇される場合が多いというメリットがあります。

まとめ

儲かる資格ランキング、いかがでしたか?通信講座から資格を取得する方法を選ぶと、外注協力者として仕事を受注できるチャンスの増える資格もありますので、どの資格が自分に向いているのか、どの業界で仕事をしていきたいのかを考えて、目指す資格を選ぶと良いと思います。資格を有効活用してどんどん儲けて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です