一生役立つ!「手に職」資格ランキング

shikakusyutoku

SHARE

一生役立つ!「手に職」資格ランキング

自分が取った資格が生涯自分の武器になる…そんな資格に興味はありませんか?今回は「手に職」になる資格ランキングをご紹介したいと思います!

1位…機械・設備・電気CADインストラクター

CAD技術の中でも、機械・設備・電気といった専門性の高い分野で通用するスキルを習得できる資格です。世界標準CADのAUTOCAD、JWCADの2種類に対応しています。基本操作はできても、専門分野でCADを扱える人材は多くありません。しかし、機械・設備・電気CADインストラクターの資格が取れる通信講座は、第一線のプロの技術者が監修しているので、配管設備図やダクトガス設備図、消火設備図等、学習の内容も現場と同じ図面を使って行い、実践レベルの知識が学べます。スキルとしては非常に専門性が強く、常に一定の需要があるため、関連業界で働く場合に強力な資格になります。

2位…実践建築模型認定試験

建築模型の製作技術が習得できる資格です。建築模型の製作は今とても人気のある在宅ワークになっています。この仕事は、建築の設計図を元に、正確なミニチュアを作る事です。設計図を正確に具現化しなければならないので、専門知識を必要とする資格です。そのため、建築模型の製作は一件につき数万円から10万円を超えるギャラで取り引きされる事も多く、コンスタントに仕事が取れるようになれば、高収入も夢ではありません。在宅ワークで活躍している職人も少なくなく、まさに「手に職」といえる資格です。

3位…メンタル心理ミュージックアドバイザー

音楽療法を使って、相談者の悩みを和らげるサポートが行える資格です。近年では、3人に1人がメンタル面で、何かしら悩みやストレスを抱えているともいわれています。そのため、医療や福祉だけでなく、教育の現場や企業内でも、カウンセラーを必要とする場面が増えており、音楽療法が行える人材は今後より重宝されていく可能性が高いと思います。メンタルヘルスや心理学に興味がある人にオススメの資格です。

4位…インテリアアドバイザー

それぞれのクライアントの条件に合った最適なインテリアを提案できる能力が身につけられる資格になります。インテリアコーディネートは、モデルルームの家具レイアウトや、撮影のセット、家庭のインテリアに至るまで様々な場面で必要とされる技術ですので、この資格を有効活用できる機会は多いように思います。これからインテリア業界を目指す人にも有効な資格といえます。

5位…コーヒーマイスター

コーヒー豆の知識から、美味しいコーヒーの淹れ方、カフェオーナーとしてのノウハウ、ラテアートの作り方まで学べる、カフェを自営したい人にオススメの資格です。一味違うコーヒーが作れるようになれば、他の競合店と差別化が図れますし、その分上手くお店を切り盛りしていける確率も上がります。他にもコーヒーの技術を活用し、コーヒー教室を開く事も可能になりますので、仕事の幅も広がります!

まとめ

手に職となりやすい資格をご紹介してきましたが、いかがでしたか?やはり専門色の強い資格は、スキルが他の人と被りにくいので、有効な資格として役立てやすいと思います。資格選びの参考にして下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です