ワイン資格ランキング

ワイン

日本でもワインは根強い人気がありますね!ワインに詳しい人って何だかかっこよく見えてしまいます。料理に合うワインが瞬時に分かったり、ワインの種類に詳しかったりすると、より一層ワインを楽しむ事ができます。そんな、趣味としても、仕事としても役立ちそうなワインに関連した資格がありますので、一押し順にランキング形式でご紹介します!

1位…ワインコンシェルジュ

ワイン法やワインの格付け、ワインの歴史やブランド等、ワインに関する専門知識を習得できる資格です。ワインが好きで、より教養を身につけたいと考える人にもオススメです。また、将来ワインのカルチャースクールで講師をしたい人や、ワイン業界に就職・転職を考えている人にも最適な資格になります。資格取得には、試験に合格するか、通信講座を受け、卒業課題をクリアする方法があります。いずれも自宅で受ける事が可能です。詳しくは日本安全食料料理協会のホームページに記載があります。
ワインコンシェルジュ資格はここ

2位…ソムリエインストラクター

ワインの基本的な知識はもちろん、ワインの管理や保存方法、ソムリエとしての知識、ワインの種類の識別能力を鍛えるためのノウハウまでを、総合的に学べる資格になっています。料理に合うワインを提案できるようになりますので、ワイン好きな人にもおすすめです!日本インストラクター協会が主催する試験に合格するか、通信講座を修了する事で、ソムリエインストラクターの資格を得る事が出来ます。この資格を取得後は、ワインの講師として活動する事が可能です!
ソムリエインストラクター資格はここ

3位…ワインエキスパート

社団法人日本ソムリエ協会が認定する資格です。ソムリエと同等の知識を持つ者に送られる資格になります。
試験は一次試験と二次試験があり、両方合格点を取ることで、資格が得られます。一次試験は筆記とオリエンテーション、二次試験はテイスティングもあります。会場は複数用意されていて、開催時期も決まっていますので、一度社団法人日本ソムリエ協会のホームページをチェックする事をおすすめします。

4位…ワインアドバイザー

ワインに関し、幅広い知識を持ち、その知識を活かして、それぞれのシーンに合ったワインを提案できる能力を持つ人に送られる資格になります。
ただし実務経験が通算で3年以上あるか、日本ソムリエ協会の会員になって2年以上経つ人でなければ、試験を受ける事ができないようですので、ご注意を。詳細については、同協会のホームページを確認して下さい。

5位…ワインコーディネーター

全日本ソムリエ連盟が主催する資格です。トレーニング重視のカリキュラムが特徴で、飲食店で働く人や、これからワイン業界を目指す人、ワイン愛好家の人におすすめの資格になります。通信講座を受けるコースと、試験を受けるコースが全部で4種類用意されています。

まとめ

ワインの資格を紹介してきましたが、いかがでしたか?ワインは今、日本人の間でも大変人気があり、今後も需要がつづきそうです。ワインのテイスティングを行う会員制パーティの中には、ワインに精通している事を証明できないと参加できないようなものもあるらしいので、そんなケースでも資格があると役に立ちます。趣味でも仕事でも活かせる資格になりそうです。
ワイン  ソムリエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です