ハウスクリーニング・掃除資格ランキング

掃除

SHARE

ハウスクリーニング・掃除資格ランキング

年に数回の大きな掃除から、普段の掃除まで、私達の生活と切っても切れないのがハウスクリーニングですよね。なるべく効率的な方法を見つけて、時間を短縮したいものです。掃除の専門知識が持てる資格なら、普段の掃除の効率化はもちろん、プロがするような掃除の方法も取得できるから、これからの掃除が格段に楽になりそうです。そんな訳で、お掃除の専門知識が得られる資格をランキング形式でピックアップしてみました。

1位…ハウスクリーニングアドバイザー

汚れの状態に応じて適切なクリーニング方法を提案でき、掃除の道具の扱い方や掃除に関する様々な専門知識を持った人に送られる資格になります。将来自分で掃除関係のカルチャースクールを開く場合にも役立ちます。日本生活環境支援協会が主催する認定試験に合格するか、通信講座を修了することで資格取得が可能です。試験の合格基準は正答率70%以上で、在宅受験になっています。
ハウスクリーニングアドバイザー資格はここ

2位…クリーニングインストラクター

掃除の中でも、とりわけ難しい水垢やカビを綺麗に取り除く掃除方法や、頑固な汚れを綺麗にする方法など、掃除に関する幅広い専門知識を習得できる資格になります。資格を活かして講師として活動する事も可能です。こちらの資格は日本インストラクター協会が主催しています。試験に合格するか、通信講座による学習で資格を取る方法があります。
クリーニングインストラクター資格はここ

3位…掃除検定

日本掃除能力検定協会が管理している検定資格になります。こちらは、掃除能力を測定する検定になるので、この検定に合格することで、必然的に掃除の能力に長けている証明にもなります。掃除検定は5級から1級まで、全部で5段階に分かれていて、それぞれ学ぶ範囲も自宅の掃除から、プロとして活動する場合を想定した現場の清掃まで、様々です。試験の方法も筆記と実技試験の2種類ありますので、詳しくは日本掃除能力検定協会のホームページで確認する事をオススメします。

4位…ハウスクリーニング士

ハウスクリーニング士として、実際に業務を行うためのスキルを身につけられる、日本ハウスクリーニング協会の資格です。ハウスクリーニング士は3級から1級まであります。まずは33時間の実習を受け、3級を取得する必要があります。その後に2級、1級と順を踏んで実習と面接を行う流れになっています。

5位…ハウスクリーニング技能士

レンジフードの洗浄やフローリングの傷の修復など、専門的なハウスクリーニングの技法を身につけられる、全国ハウスクリーニング協会による国家資格です。認定試験には、実技試験と学科試験があり、合格する必要があります。試験会場と日時はあらかじめ決まっているので、注意が必要です。詳しくは同協会のホームページを確認して下さい。

まとめ

掃除の資格を紹介しましたが、いかがでしたか?どちらかと言えば、忙しい合間を縫って自分のペースで勉強して資格を取りたい人や、遠方に住んでいるため、自宅学習や自宅試験のみで資格を取りたい…という人には、ハウスクリーニングアドバイザーやクリーニングインストラクターがオススメです。逆にとにかく実践にこだわりたい人であれば、実習や実技試験の含まれた資格が最適です。国家資格が必要であれば、ハウスクリーニング技能士になるでしょう。まずは自分の目的や状況に合わせて、どの資格を取るべきかを検討してみると良いでしょう。
ハウスクリーニング  おそうじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です