デッサン資格ランキング

デッサン

美術や芸術に興味がある人なら、鑑賞だけでなく、自身でも創作活動ができたら…と考えた事もあるのではないでしょうか?真っ白なキャンパスやスケッチブックから、自分の想像した通りに絵を描いて一つの作品が生まれるなら…。こんな素晴らしい事はありませんよね。そんな想いを少しでもお持ちなら、この資格で夢を叶えてみてはいかがでしょうか?
絵を描くことに慣れていない人でも、基礎からデッサンを学ぶことで、やがては思い描いた通りに絵が描けるようになっていきます。初心者や美術を学んでいない人でも、資格取得が目指せるデッサン系の資格がありますので、そちらをご紹介したいと思います。

1位…鉛筆デッサンマスター

デッサンの基礎から学び、最終的には、様々な対象物をデッサンに描き起こす事ができるようになる資格です。
日本デザインプランナー協会主催の認定試験に合格するか、通信講座にて卒業課題を提出することで、資格を取得する事ができます。鉛筆デッサンマスターの通信講座では、最初は比較的簡単なカップのデッサンを学び、やがては難易度の高いとされる風景や人物のデッサン方法までを学習し実践する事が可能です。ですので、これからデッサンを本格的に始めたい人にも安心の講座内容になっています。特殊な画材を用意しなくても、鉛筆の濃淡だけで質感や奥行きが表現できるようになるので、簡単なスケッチブックを持ち歩いて、旅先で感動したものを描きとめていくのも楽しそうですよね。趣味として、人生を豊かにする目的でも、芸術関係の仕事を目指す目的でも役に立つ資格です!
鉛筆デッサンマスター資格はここ

2位…絵画インストラクター

デッサンやスケッチの様々な技法を習得できる日本インストラクター協会が管理する資格になります。各種画材や道具の使い方、デッサンの基本と応用技術、対象物をモノトーンで表現するためのノウハウまで総合的に学べるので、初心者でも、安心してデッサンに取り組む事ができます。こちらの資格も、資格認定試験を合格するか、通信講座を修了する事で資格を得られます。通信講座では、デッサンの基本はもちろん、実践として静物から風景・人物のデッサンの仕方も学べるので、1から勉強したい人にもオススメです。最短で2ヶ月で講座を全て終わらせる事ができるのもメリットの一つです。この資格取得後は趣味として楽しむのはもちろん、カルチャースクールを開いて講師として活動する事や、芸術家として創作活動を始める事も可能ですので、色々な道が開けそうです。絵画インストラクター資格はここ

まとめ

デッサンや絵画を学べる専門資格をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
創作活動を日常の一部にする事で、感性が磨けますし、人生をより一層豊かにできるように思います。そして絵は、描けば描くほど上達するものなので、上達を実感できると、どんどん創作が楽しくなるかと思います!こちらの資格に興味を持った人は、各資格の公式ホームページに、さらに詳しい情報が記載されていますので、確認してみて下さいね。また、鉛筆デッサンマスターと絵画インストラクターの資格を同時に取得できる通信講座もあるので、どちらの資格にも興味がある人は、そちらもオススメです。
デッサン  デッサン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です