コーヒー・カフェ資格ランキング

コーヒー

SHARE

コーヒー・カフェ資格ランキング

将来カフェを持ちたい人や、現在コーヒーショップやカフェで働いている人におすすめの資格をランキング形式でご紹介します。もちろんコーヒーが大好きで、自宅でお店並みのコーヒーを毎日飲みたい人にもぴったりな資格ですよ!

1位…コーヒーソムリエ

この資格を取れば、自身で美味しいコーヒー豆の見分けがつくようになり、コーヒーの美味しい淹れ方が理解できます。
ラテアートのやり方も習得できるので、自分でプロレベルのコーヒーやカフェラテを作る事も夢じゃありませんね!
こちらは日本安全食料料理協会(JSFCA)が管理している資格です。
こちらは在宅受験、在宅講座から資格を取る事が出来ます。
コーヒーソムリエ資格はここ

2位…カフェオーナースペシャリスト

コーヒーソムリエの資格と同時に取っておきたいのが、カフェオーナースペシャリストの資格です。カフェオーナースペシャリストは、
カフェオーナーとしてお店を出す上で必要な専門知識や発展方法を習得できる資格になります。すでにカフェオーナーの方でも、お店の売上を上げるヒントが沢山得られるかと思います。こちらも在宅講座又は在宅受験の2種類の方法で、資格を目指す事が可能です。
カフェオーナースペシャリスト資格はここ

3位…コーヒーインストラクター検定

コーヒーの基礎知識から、美味しい淹れ方、鑑定技術までを得られる資格になります。
こちらの資格はコーヒーインストラクター2級、1級、コーヒー鑑定士と資格が3段階に分かれています。そのため、コーヒー鑑定士の資格まで取るには、少なくとも3回試験を受ける必要があります。
また、東京、関西、中部(九州と北海道で開催される場合もあり、詳しくは全日本コーヒー商工組合のホームページより確認して下さい。)いずれかの講習会に参加する必要があります。

4位…コーヒーマイスター

コーヒーの基礎知識から応用までを習得できる資格です。お客様それぞれに合った美味しいコーヒーを提案できるようになれます。自宅学習、実践講習会、認定試験という流れになります。試験日や講習会の場所等、詳しくは日本スペシャリティコーヒー協会のホームページで確認して下さい。

5位…JBAバリスタライセンス

バリスタのプロフェッショナルとして認められるために必要な資格の一つです。
こちらはレベル1〜3と段階が分かれており、資格を取るには、JBAが認定するスクールで講座を受ける必要があります。開講場所は東京又は大阪になるので、遠方の方は日程や場所も考慮してスケジュールを組む必要があります。

6位…コーヒーコーディネーター

コーヒーの基本から学び、様々な種類のコーヒーの淹れ方や、カフェ開業のノウハウが学べる資格になります。まだ、上位5位の資格ほどメジャーではないので、PR材料の一つとして資格を活用したい人よりも、純粋にコーヒーの技術を身につけたい人におすすめです。

7位…カーサバリスタ

こちらもコーヒーコーディネーター同様、知名度の点では他の資格に劣りますが、プロのバリスタとしての基盤をしっかり作りたい人なら役立つ資格の一つといえます。JADP 一般財団法人 日本能力開発推進協会が主催する資格試験になります。

まとめ

コーヒーに関連した資格といっても、色々ありますので、一番集中して学びたい部分はどこなのかを決める必要があります。また
資格によっては、在宅のみで資格を取れるものから、スクールに通う必要のあるもの、資格が何段階かに分かれているものもあるので、その辺りも吟味するべきです。
カフェ  カフェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です