POPデザイナーの概要と評判と口コミについて

POP

SHARE

POPデザイナーの概要と評判と口コミについて

POPデザイナーって何?

POPデザイナーとは、デザインに対する幅広い知識とセンスを持ち、レイアウト・配色を適切にデザインすることができるデザイナーです。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

POPデザイナー認定試験は他の認定試験と比べても人気が高いようです。その理由として、資格習得で得られた知識が幅広い分野で応用が可能という点です。POP広告は商品を売る実店舗だけでなく、インターネットショップでも活用が可能です。また、業界にも境がなく、アパレルからコンビニエンスストア、本屋、居酒屋、ドラッグストアや町の八百屋までどの業界にも通用する技術です。POP広告の良し悪しが売上に直結することもあり、需要も高く、今後もPOPデザイナーを欲しがるクライアントは増加するとされています。

POPデザイナーは独学での資格取得も可能ということも人気の理由です。通信講座の「諒設計アーキテクトラーニング」では口コミランキング1位にPOPデザイナー認定試験がランクインしており、その人気は留まることを知りません。通信講座を活用することで1日30分の勉強のみで、最短2ヶ月で取得が可能なことも受験者に選ばれる理由でもあります。オリジナルPOPデザインを初めて勉強したい方や既にデザインに関わっている方まで取得されている人気の認定試験です。

POP広告に関わらず、広告デザインに必要な注目させる色使い、文字を綺麗に書く、簡潔に訴求するという基本方針も学べ、その後のキャリアアップの土台となります。このPOP広告はある程度の知識と経験がないと作成が難しい側面があります。そのため、POPデザイナー認定試験煮合格することで作業の効率化することができます。

資格習得後の活用方法は?

現在、デザインの仕事に就かれている方はより精度の高いデザインを追及できます。イラストや広告関連の仕事に従事したいと考えている方にとっても心強い資格となります。また、子育てや家事を行いながら、空いた時間で活動できるフリーのデザイナーとしても活躍ができます。そのため、結婚を境に一度は社会から離れた方も家にいながらにして、スキルアップや再就職に向けての活動ができます。

POPデザイナーを取得された方で、日本インストラクター協会主催の「POPライターインストラクター」を取得される方もいらっしゃいます。POPデザインとライティングスキルを同時に取得したいと方も多く、通信講座を提供している「諒設計アーキテクトラーニング」はPOPデザイナーとPOPライターインストラクターの資格を2つとも取得できる講座が人気です。また、「諒設計アーキテクトラーニング」が提供する課題を終了すると試験が免除され、資格を取得できるコースも用意されています。POPデザインとライティングスキルを活用して、カルチャースクールで講師として活動することも可能です。
pop  pop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です