CADデザインマスターの概要と評判と口コミについて

cad

SHARE

CADデザインマスターの概要と評判と口コミについて

CADデザインマスターって何?

CADデザインマスターとは、CAD・AUTOCAD・JWCADを使用し、建築に必要な業務に関する作図能力CAD技術を有する資格者です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

パソコンを使って設計図、図面を描く技術が必要なCAD。CAD、AUTOCAD、JWCADなど多くの種類のCADを使ってデザインすることができる人に与えられるのがCADデザインマスターです。建築関連だけでなく、機械、電気、土木関連企業へ就職されたい方におすすめの認定試験です。また、建築業界は「一人親方」の方も大勢いらっしゃり、フリーランスをされている方も多い業界です。CADデザインマスター認定試験を勉強したことにより、建築業界についてさらに詳しくなれた、本格的に勉強するきっかけになった、業務上即戦力になったなど評価が高い資格です。今後、建築業界においてもパソコンを使用した設計は今後も発展していくことは間違いありません。パソコンの技術だけでなく、ITを駆使した産業は情報を常に刷新していかなければなりません。その点でCADは建築業界にはなくてはならない技術ですので、現在建築業界に従事されている方は取得しておくとよいでしょう。

業務を重ねることで技術の向上や情報を刷新でき、将来は独立・開業も可能資格です。
CASDデザインマスターを取得したことにより、クライアントの信用度が上がった。
受注案件が増えたなどの評価もあります。また、既に建築業界に従事されている方は昇進や自己PRにも役に立つ可能性があります。

CADデザインマスター認定試験は日本デザインプラン協会が主催しています。在宅受験が可能です。インターネット上で申し込みが完了したら、問題用紙が送付されてきます。自分の都合の良い時間帯に回答し、送付しなおすのみです。建築業界は土曜日も現場作業があることもしばしば。土曜日に受験日が重なってしまい、受験を諦めていた方も気軽に受験することができます。

パソコンを使ったCADは難しい?

パソコンを使用して、建築物の設計図や図面を引くことに「難しそう」と懸念される方もいらっしゃるのではないでしょうか。難易度に関しては「日本デザインプランナー協会」が取り扱っているその他の認定試験と同様の合格水準ですので、独学での合格も十分目指すことができます。独学よりも効率的な勉強を行って、時間を短縮したいという方は「諒設計アーキテクトラーニング」が提供している「CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)」がおすすめです。この講座ではCADデザインマスターと日本インストラクター協会が主催している建築関連の認定試験「CADインストラクター」の資格も取得することができます。CADは世界標準CADからAUTOCAD、JWCADなど種類も多いため、それぞれ学んでいては効率が悪くなってしまいます。そのため、スクールで2つの資格を一度で取得できる講座が人気を得ているようです。初心者向けに教材が作られているため、初めての方にもおすすめです。
cad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です