鉛筆デッサンマスターの概要と評判と口コミについて

デッサン

SHARE

鉛筆デッサンマスターの概要と評判と口コミについて

鉛筆デッサンマスターって何?

鉛筆デッサンマスターとは、デザイン理論や技術を習得し、あらゆる対象を描くことができる技法を得た人に与えられます。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

鉛筆デッサンマスターは芸術関連業界を目指す方や現在従事されている方、また趣味としてデッサンを始めようとされている方に人気があります。デッサンは「絵を描く」ことの基本となります。そのため、本格的な芸術家を目指すよりも簡単な絵を描けるようになりたいという方のニーズが多いため、鉛筆デッサンマスターを目指す方も多いようです。絵はさまざまな分野で応用されます。POP広告上に簡単な絵を描く、自分のイメージを伝える、ペットの簡単なデッサン、旅行先での風景や文化遺産などの簡単なスケッチなど応用できるシーンは数多く存在します。そのため、引退して隠居生活をされる方々にも人気となっています。しかし、鉛筆デッサンは趣味の領域を出にくい分野といわれていますが、鉛筆デッサンはさまざまな対象物を描くことができるため、自然と上達していきます。グラスの透明感を表現できるようになったら、一人前といわれています。一人前になるためには膨大な時間が必要ですが、比較的時間に余裕がある定年退職された方には特に人気です。

鉛筆デッサンアスターはコップといった身の回りのものをデッサンすることができるので、自分のペースで始められることと、継続していけば、確実に上達することも人気の理由です。鉛筆デッサンのコツは大きく分けて、6つあります。ボリュームを出すこと、質感、明暗、彩度、構図、空間把握能力です。この6つの技術は絵画、油絵、彫刻など全ての芸術において、必要とされる技術です。そのため、芸術家を心がける方には必須の能力でもあります。鉛筆デッサンは映画関連の業界にも役に立てることができます。映画やドラマシーンを伝える「絵コンテ」は映画製作には欠かせない技術です。監督や脚本家はこの絵コンテを使って、カメラマンや役者に撮りたいシーンを伝えます。そのため、テレビ・映画業界の製作部門を目指す方、転職・就職する方へもおすすめの認定試験となっています。

鉛筆デッサンマスター認定試験はデッサンに関する知識が全くない方、絵を描いた経験がない方にも気軽に受験することができます。鉛筆デッサンマスター認定試験は日本デザインプランナー協会が主催しています。日本デザインプランナー協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本デザイナープランナー協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。独学での資格取得も可能です。
デッサン  デッサン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です