色彩インストラクターの概要と評判と口コミについて

カラーセラピー

SHARE

色彩インストラクターの概要と評判と口コミについて

色彩インストラクターって何?

色彩インストラクターとは、色彩に関する知識や色覚異常の方に配慮した配色方法などを理解した方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

色は人間の心理にも大きく働きかけ、対象物のイメージを印象付ける働きがあります。そんな色の配色のエキスパートである色彩インストラクターは人気が高い資格ですが、その人気の理由として活かせる仕事が多いということです。アパレル関係やリフォーム関係などの業界は色を使う機会が多数あります。このような業界に転職・就職しようとされている方にはもちろん、既に従事されている方の知識の充実やスキルアップの一環として取得される方も多いようです。また、デザイナーやホームページ制作を行うWEBデザイナーなどにも人気の資格でもあり、取得される方も多いようです。色彩についての知識があると、デザインに従事する方とのコミュニケーションが密となり、仕事の効率化も図れるため、アパレルやリフォーム業界の営業や企画の方にもおすすめの資格です。

色彩インストラクター認定試験ではHSV色空間、HSVカラーモデル、色相、彩度、明度、コントラスト、ハレーション、HSBカラーモデルなどが学ぶことができます。また、色彩異常の方向けに配色、マンセル表色系、袋文字、日本色研配色体系、オストワルト表色系なども学ぶことができます。色彩インストラクター認定試験は日本インストラクター協会が主催しています。日本インストラクター協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本インストラクター協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格習得後は色彩インストラクターとして、セミナーやカルチャースクールなどで講師活動ができます。また、幅広い業界で役に立つ技能であるため、就職時の履歴書の記載や面接時の自己PRとして役に立ちます。

色彩インストラクター認定試験は独学でも取得が可能です。色彩インストラクターの資格取得される方には諒設計アーキテクトラーニングが提供している「カラーセラピー 3資格取得スペシャル講座」を受講されることをお勧めいたします。「カラーセラピー 3資格取得スペシャル講座」を受講すると、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する「カラーセラピー」、日本デザインプランナー協会が主催する「カラーアドバイザー」、日本インストラクター協会が主催する「色彩インストラクター」の3つの資格が同時で取得できます。そのため、資格取得を急がれている方や受験勉強にあまり時間をかけることができず、時間節約をしたい方に人気の講座となっており、口コミでの評価が増えています。
カラーセラピー  カラーセラピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です